複数辞典一括検索+

きよすみやま【清澄山】🔗🔉

きよすみやま【清澄山】 千葉県安房郡天津小湊町にある山。海抜 377m。山上に清澄寺がある。

きよずり【清刷り】🔗🔉

きよずり【清刷り】 印刷で,校正を終えた活版・凸版などを写真製版などの版下にするため,良質の紙にきれいに刷ること。また,そのもの。

ぎょ・する【御する】🔗🔉

ぎょ・する【御する】 (動サ変) (1)(「馭する」とも書く)馬や馬車などを上手に操る。「荒馬を―・する」 (2)人を自分の思うとおりに動かす。「―・しやすい人物」 (3)統治する。「人民を―・する」

きよせ【季寄せ】🔗🔉

きよせ【季寄せ】 俳諧の季語を,季に従って分類整理したもの。俳諧歳時記の類。

きよせ【清瀬】🔗🔉

きよせ【清瀬】 東京都北部,埼玉県に接する市。武蔵野台地にあり,結核などの療養施設があった。戦後は住宅都市として発展。

きょせい【去勢】🔗🔉

きょせい【去勢】 (1)動物の雄や人間の男子から精巣を取り除くか,その機能をなくすこと。広義には,雌雄を問わず生殖腺を除去すること。 (2)人から反抗心や気力を奪うこと。

きょせい【巨星】🔗🔉

きょせい【巨星】 半径や絶対光度などが大きい恒星。すなわち,ヘルツシュプルング・ラッセル図上で,主系列星より上の方に位置する星。現在では,超巨星・輝巨星・巨星・準巨星などに細分されている。⇔矮星(わいせい)

━墜(お)つ🔗🔉

━墜(お)つ 偉大な人物が死ぬ。

きょせい【虚勢】🔗🔉

きょせい【虚勢】 実力を伴わない表面だけの勢い。からいばり。「―を張る」

ぎょせい【御製】🔗🔉

ぎょせい【御製】 天皇・皇族の作った詩文や和歌。現在では,特に天皇のものに限って用いられる。御製歌。

きょせき【巨石】🔗🔉

きょせき【巨石】 大きな石。

きょせききねんぶつ【巨石記念物】🔗🔉

きょせききねんぶつ【巨石記念物】 ドルメンやストーン-サークルなど,大きな石を使った遺構。

きょせきぶんか【巨石文化】🔗🔉

きょせきぶんか【巨石文化】 巨石遺構が多く残存する西ヨーロッパの,紀元前 4000〜前 2000 年の新石器時代文化。ヨーロッパ以外にも散在する巨石遺構とその文化をさす場合もある。

きょせつ【虚説】🔗🔉

きょせつ【虚説】 事実無根のうわさ。

きょぜつ【拒絶】🔗🔉

きょぜつ【拒絶】 要求や頼みをことわること。「要求を―する」

きょぜつしょう【拒絶症】🔗🔉

きょぜつしょう【拒絶症】 精神分裂症の症状の一。他人の命令に対し逆の態度や行動をしたりすること。

ハイブリッド新辞林 ページ 2157