複数辞典一括検索+

きゃくすじ【客筋】🔗🔉

きゃくすじ【客筋】 (1)客層。客種(きやくだね)。 (2)商売などの取引関係のある人。

きゃくせい【客星】🔗🔉

きゃくせい【客星】 ⇒かくせい(客星)

ぎゃくせい【虐政】🔗🔉

ぎゃくせい【虐政】 人民を苦しめる政治。暴政。苛政(かせい)。

ぎゃくせいせっけん【逆性石鹸】🔗🔉

ぎゃくせいせっけん【逆性石鹸】 界面活性剤の一種。普通の石鹸とは逆に,分子内の親水基が水中で陽イオンとなる型のものをいう。殺菌作用・タンパク質沈殿作用が大きく,薬用石鹸として用いる。

きゃくせき【客席】🔗🔉

きゃくせき【客席】 客の座るべき席。劇場などの客の席。

ぎゃくせつ【逆接】🔗🔉

ぎゃくせつ【逆接】 ある条件に対して予期される結果の現れないことを示す表現形式。「2 時間待った。しかし,彼は来なかった」「努力したが,だめだった」の類。普通,接続詞・接続助詞を用いて表現する。逆態接続。⇔順接

ぎゃくせつ【逆説】🔗🔉

ぎゃくせつ【逆説】 〔paradox〕 (1)通常の把握に反する形で,事の真相を表そうとする言説。「善人なおもて往生をとぐ,いわんや悪人をや」の類。 (2)〔論〕相互に矛盾する命題がともに帰結し得ること。また,その命題。

ぎゃくせつてき【逆説的】🔗🔉

ぎゃくせつてき【逆説的】 (形動) 通常とは逆の言い回しで物事を説明するさま。

きゃくせん【客船】🔗🔉

きゃくせん【客船】 旅客船(りよかくせん)。かくせん。

ぎゃくせんでん【逆宣伝】🔗🔉

ぎゃくせんでん【逆宣伝】 (1)相手の宣伝を逆に利用して,自分が有利になるよう宣伝すること。 (2)宣伝の効果が期待とは逆に不利にはたらくこと。

きゃくせんび【脚線美】🔗🔉

きゃくせんび【脚線美】 女性のあしの,すらりとした美しさ。

きゃくそう【客僧】🔗🔉

きゃくそう【客僧】 (1)旅の僧。 (2)よその寺などに客として滞在している僧。

きゃくそう【客層】🔗🔉

きゃくそう【客層】 顧客になる人たちの階層。居住地域・生活程度・職業・学歴・趣味・年齢・性別などを勘案して整理区分したもの。客種(きやくだね)。客筋(きやくすじ)。

ぎゃくそう【逆送】🔗🔉

ぎゃくそう【逆送】 送り返すこと。

ぎゃくそう【逆走】🔗🔉

ぎゃくそう【逆走】 本来走るべき方向とは反対の方向へ走ること。

ハイブリッド新辞林 ページ 2021