複数辞典一括検索+

きとらこふん【亀虎古墳】🔗🔉

きとらこふん【亀虎古墳】 奈良県明日香村阿部山にある終末期の古墳。直径 11m の円墳の横口式石槨(せつかく)に,玄武の彩色壁画が発見された。

きどり【気取り】🔗🔉

きどり【気取り】 (1)もったいぶった様子。「―のない人」 (2)そのものになったように振る舞うこと。「夫婦―」

きど・る【気取る】🔗🔉

きど・る【気取る】 (動五) (1)人を意識して動作や表情を飾る。もったいぶる。「―・って歩く」 (2)人をまねて,それらしく振る舞う。「スターを―・る」

きどるいげんそ【希土類元素・稀土類元素】🔗🔉

きどるいげんそ【希土類元素・稀土類元素】 〔rare earth elements〕 スカンジウム・イットリウムおよびランタノイド諸元素の計 17 の元素の総称。化学的性質が酷似し,天然に相伴って存在する。研磨材・高性能磁石・蛍光体などに必需のもので,各種製品の新素材として利用。日本ではすべて外国からの輸入。

きどるいじしゃく【希土類磁石】🔗🔉

きどるいじしゃく【希土類磁石】 希土類元素を含む強磁性体材料を用いた磁石。高価だが,高性能で電子機器などに使われる。

キトン【(ギ) chitn】🔗🔉

キトン【(ギ) chitn】 古代ギリシャの衣服。1 枚の長方形の布を体に巻き,ピンなどでとめ襞(ひだ)を出す。男女ともに用いる。

キナ【(オランダ) kina】🔗🔉

キナ【(オランダ) kina】 キナノキの樹皮を乾燥したもの。キナアルカロイドと呼ぶキニーネ・シニコンなどを含み,塩酸キニーネの製造原料。解熱薬・健胃薬・抗マラリア剤。(「規那」とも書く)

きない【畿内】🔗🔉

きない【畿内】 律令国家が定めた行政区域。山背(山城)・大和・河内・摂津の 4 か国をいい,四畿内と呼ばれた。のち,河内から和泉が分立し五畿内となる。

きない【機内】🔗🔉

きない【機内】 飛行機の内部。

キナエキス🔗🔉

キナエキス 〔(和) (オランダ) kina+(オランダ) extract〕 キナをアルコールで浸出し,濃縮して製したもの。味はきわめて苦く,健胃・解熱・抗マラリア剤として用いる。

ハイブリッド新辞林 ページ 1981