複数辞典一括検索+

おおもりふさきち【大森房吉】🔗🔉

おおもりふさきち【大森房吉】 (1868-1923) 地震学者。福井県生まれ。東大教授。初期微動と震源距離に関する大森公式の発見,地震帯の研究,各種地震計の考案など,日本の近代地震学の発展に寄与。

おおもりよしたろう【大森義太郎】🔗🔉

おおもりよしたろう【大森義太郎】 (1898-1940) 経済学者。神奈川県生まれ。労農派の理論的指導者。東大助教授のとき三・一五事件の影響で辞職。著「史的唯物論」「唯物弁証法読本」

おおもん【大門】🔗🔉

おおもん【大門】 (1)城や邸宅などの正面の門。表門。 (2)遊郭の入り口の門。

おおや【大家・大屋】🔗🔉

おおや【大家・大屋】 (1)貸し家の持ち主。家主。⇔店子(たなこ) (2)母屋(おもや)。

おおやいし【大谷石】🔗🔉

おおやいし【大谷石】 宇都宮市大谷町付近でとれる凝灰岩(ぎようかいがん)の石材。青白色で柔らかく加工しやすい。耐久性・耐火性に富み,土台石・石塀などに使用。

おおやかず【大矢数】🔗🔉

おおやかず【大矢数】 江戸時代,京都の三十三間堂などで行われた通し矢の競技。一昼夜の間に,堂の長さ 66 間(約 120m)を射通した矢数の多さを競いあった。

おおやけ【公】🔗🔉

おおやけ【公】 (1)政治や行政にたずさわる組織・機関。「―の機関」 (2)広く世間一般の人にかかわっていること。「―にする」

おおやそういち【大宅壮一】🔗🔉

おおやそういち【大宅壮一】 (1900-1970) 評論家。大阪生まれ。東大中退。ジャーナリズムで活躍。風俗時評・人物批評で一世を風靡(ふうび)した。

おおやとおる【大矢透】🔗🔉

おおやとおる【大矢透】 (1850-1928) 国語学者。越後の生まれ。新潟師範卒。仮名字体・仮名遣いの変遷の研究を行う。著「仮名遣及仮名字体沿革史料」「音図及手習詞歌考」など。

おおやね【大屋根】🔗🔉

おおやね【大屋根】 (小屋根・庇(ひさし)などに対し)建物の主要部分をおおう大きな屋根。⇔小屋根

ハイブリッド新辞林 ページ 1114