複数辞典一括検索+

いそのかみのやかつぐ【石上宅嗣】🔗🔉

いそのかみのやかつぐ【石上宅嗣】 (729-781) 奈良時代の廷臣。石上麻呂の孫。光仁天皇の即位に功あり,中納言・中務卿・大納言などを歴任。詩文・書にすぐれ,仏教に帰依(きえ)し自宅を寺とした。寺内に建てられた亭(うんてい)には儒教典籍が置かれ,好学の徒に開放されたので,日本最初の図書館とされる。

ハイブリッド新辞林 ページ 484 での石上宅嗣単語。