複数辞典一括検索+

いしだばいがん【石田梅巌】🔗🔉

いしだばいがん【石田梅巌】 (1685-1744) 江戸中期の思想家。名は興長。通称勘平。丹波の農家から出て神・儒・仏の三教を学び,独特の哲学「心学」を編みだし,町人に倫理・道徳を説いた。主著「都鄙(とひ)問答」

ハイブリッド新辞林 ページ 458 での石田梅巌単語。