遠き山に日は落ちて

遠き山に日は落ちて

堀内敬三作詞・ドボルザーク作曲(「新世界から」より)

德沃夏克《新大陆》交响曲第2乐章著名的主旋律部分填词而成的日本民歌.

歌詞

作詞: 堀内敬三
作曲: ドボルザーク

遠き山に 日は落ちて
星は空を ちりばめぬ
きょうのわざを なし終えて
心軽く 安らえば
風は涼し この夕べ
いざや 楽しき まどいせん
まどいせん

やみに燃えし かがり火は
炎(ほのお)今は 鎮(しず)まりて
眠れ安く いこえよと
さそうごとく 消えゆけば
安き御手(みて)に 守られて
いざや 楽しき 夢を見ん
夢を見ん

意味

まどいせん:「円居せん」と書き、家族が食卓の回りで輪になって楽しく暮らしている様子。

この曲が出ている作品

テレビドラマ

  • Woman (テレビドラマ) (2013), 日本テレビ系, 第1話&以後しょっちゅう。主人公の小春となくなった夫の信が出会ったきっかけである。

Last update: 2017-05-31 12:10:52 UTC | Redirect from Woman (テレビドラマ)/遠き山に日は落ちて