Woman (テレビドラマ)

Woman (テレビドラマ)

『Woman』(ウーマン)は、2013年7月3日より9月11日まで毎週水曜日22:00 - 22:54]に、日本テレビ系列の「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は満島ひかり。

キャッチコピーは、「わたしには、命をかけて守る命がある。」。

情報

  • ジャンル: テレビドラマ
  • 放送時間: 水曜日22:00 - 22:54(54分)
  • 放送期間: 2013年7月3日 - 9月11日(11回)
  • 放送国: 日本
  • 制作局: 日本テレビ
  • 演出: 水田伸生, 相沢淳
  • 脚本: 坂元裕二
  • プロデューサー: 次屋尚, 千葉行利, 大塚英冶

登場人物

青柳家

青柳 小春(あおやぎ こはる)〈27〉

演 - 満島ひかり(幼少期:住田萌乃)

望海と陸の母親。旧姓:高村。夫・信が事故で他界後シングルマザーとなり、パートを掛け持ちしながら子育てをしている。両親の離婚後は父方に引き取られた為、実母の紗千とは20年間絶縁状態であったが生活保護申請をきっかけに再会する。紗千を他人行儀に「植杉さん」と呼ぶ。
仕事中にめまいの症状が起き始め、澤村から再生不良性貧血の診断を受けるが、病気のことは薬も隠し、周囲には秘密にしていた。病気と闘い生き抜く事を決心するが、もしもの事を考え親子ともに植杉家に移り住む。その後、陸と望海に病気の事を打ち明ける。
信の死の原因となった事故の詳細をあえて知る必要がないと考えていたが、栞に真相を打ち明けられ激しく動揺する。しかし紗千に思いを吐露する中、ようやく紗千を「お母さん」と呼ぶようになった。
栞のHLA型が適合することがわかってからも、栞からの骨髄提供は当初は拒むつもりでいた。しかし骨髄バンクに適合者が見つからないことと、彼女に懐く子供たちが将来その愛情を憎しみに変えることがあってはならないと考えたことから、最終的に提供を受け入れる事を選び、手術を経て無事回復を果たす。

青柳 望海(あおやぎ のぞみ)〈5 → 7〉

演 - 鈴木梨央(4歳:須田理央)

青柳家長女。幼少期は子供らしいわがままな所があったが、母親の苦労を見ているうちに弟思いのしっかり者に育つ。幼少期から動物図鑑を常に持ち歩いており、大切なものをその中にはさんでいる。父親の遺伝とのことで左利き。母親の小春のことも優しく気づかうが、次第に小春の病気に気付き、病院まで探しにいく。
紗千を「お母さんのお母さん」と呼んでいたが、後に小春と同様「おばあちゃん」へと呼び方が変わっている。

植杉家

植杉 紗千(うえすぎ さち)〈56〉

演 - 田中裕子

小春の実母。暴力を振るう夫が原因で小春のもとを離れ、健太郎と再婚したのち栞を出産する。殆ど収入が無い健太郎に代わってホテルで働く。健太郎が内緒で代理で受理した生活保護扶養照会書がきっかけとなり、小春と20年ぶりに再会し、その時に初めて信の死を知る。小春とぎくしゃくした関係が続く中、エアコンを贈ったり、貧血で倒れた小春を介抱したりするなど、心の奥では自責の念と共に娘のことを気にかけている。
望海や陸との交流を経て小春と打ち解ける方向に動きかけるが、栞から信の死にまつわる事故の真相を告白され、孤独を深める栞を守ろうとして彼女に口止めしたうえで自身も再び小春を拒絶する。
小春の病気を知ってからは、病気を隠し子供たちには気丈に振る舞う小春の想いをくみ取って、彼女のドナーとなるためにHLA型検査を受ける。だが小春のHLA型との一致度は低く、ドナー不適合だった。
その後自殺を仄めかす電話をかけてきた栞に対し、自分と同様、小春への罪を背負いつつ今後を生きる覚悟を諭す。

植杉 栞(うえすぎ しおり)〈19〉

演 - 二階堂ふみ(幼少期:荒川梨杏)

紗千と健太郎の娘。美大浪人中で美術予備校に通っていた。戸籍上、小春とは父親違いの妹にあたる。
望海と偶然知り合い、迷子になった望海を迎えに行ったとき初めて小春と会った。小春たちが植杉家に移り住んだ後も、望海と陸には「しーちゃん」と呼ばれ懐かれている。
かつて中・高校でいじめに遭う中で母の期待に応えようと努力していたが、信が植杉家に訪れた事で小春の存在を知り、信を通じて小春と紗千の距離が縮まって行くのを感じ孤独感を募らせる。
信の事故死に関しては家族にも事実を隠しており、口論の際「あなたの旦那さんも死んじゃったんでしょ。それだって確か痴漢したって話じゃない。ニュースで見たわ」と小春を責める。後に紗千にだけ事実を話すが厳しく口止めされ、これを隠したまま青柳家と共同生活を続けるが、生前の信が遺した小春宛の手紙を読んで動揺し、小春にも真相を告白した。その後、紗千には行き先を告げずに家を出て従姉の真希のもとへ身を寄せる。
街中で信の背中を押した男性を見つけるが逃がしてしまうなどして心理的に追い詰められるも、健太郎と紗千からの説得でHLA型検査を受けたところ小春と適合することがわかり、小春のドナーになることを申し出る。


Last update: 2017-06-11 03:06:32 UTC