聯合艦隊解散之辞

聯合艦隊解散之辞

聯合艦隊解散之辞

聯合艦隊解散之辞(れんごうかんたいかいさんのじ)とは、日露戦争終結後の連合艦隊解散式において東郷平八郎長官が読み上げた訓示。海軍および海軍軍人の心得を示したものである。

概要

日露戦争は日本にとっての総力戦であり、各所で苦戦しつつも最終的にはロシア軍に勝利を収めることができた。日本海軍は、ロシア海軍に対抗するために、開戦時に常備艦隊を再編成し、連合艦隊を編成した。連合艦隊は旅順や日本海海戦でロシア艦隊を撃破し、日本の勝利に大きく貢献した。

終戦後、戦時編成の連合艦隊を解散し、平時編成に戻すこととなり、解散式が1905年12月21日に行われた。その解散式において連合艦隊司令長官の東郷により「聯合艦隊解散之辞」が読まれることとなった[1]。訓示は東郷の筆であるが、文面の起草は参謀秋山真之と言われている。

訓示の骨子は、日露戦争と歴史を紐解きつつ国家における海軍の大事を説き、平時における海軍や海軍軍人のあり方について指し示し、有事に備える心構えの重要さを示している。

なお、当時のアメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトはこの訓示に感銘を受け、その英訳文を軍の将兵に配布している。

原文は神奈川県横須賀市の記念艦三笠に所蔵されている。

原文

聯合艦隊解散之辞 (明治38年12月21日, 連合艦隊司令長官東郷平八郎)

二十阅月ノ征战已ニ往事ト过ギ、我ガ联合舰队ハ今ヤ其ノ队务ヲ结了シテ兹ニ解散スル事トナレリ。

然レドモ我等海军々人ノ责务ハ决シテ之ガ为ニ轻减セルモノニアラズ。

此ノ战役ノ收果ヲ永远ニ全ウシ、尚益々国运ノ隆昌ヲ扶持センニハ、时ノ平战ヲ问ハズ、先ヅ外衞ニ立ツベキ海军ガ常ニ其ノ武力ヲ海洋ニ保全シ、一朝缓急応ズルノ觉悟アルヲ要ス。

而シテ武力ナル物ハ舰船兵器等ノミニアラズシテ、之ヲ活用スル无形ノ实力ニアリ、百发百中ノ一炮能ク百发一中ノ敌炮百门ニ对抗シ得ルヲ觉ラバ、我等军人ハ主トシテ武力ヲ形而上ニ求メザルベカラズ。

近ク我ガ海军ノ胜利ヲ得タル所以モ、至尊ノ灵徳ニ頼ル所多シト虽モ、抑亦平素ノ錬磨其ノ因ヲ成シ、

果ヲ战役ニ结ビタルモノニシテ、若シ既往ヲ以ツテ将来ヲ推ストキハ、征战息ムト虽モ安ンジテ休憩ス可カラザルモノアルヲ觉ユ。

惟フニ武人ノ一生ハ连绵不断ノ战争ニシテ、时ノ平战ニ由リ其ノ责务ニ轻重アルノ理ナシ。

事有レバ武力ヲ发挥シ、事无ケレバ之ヲ修养シ、终始一贯其ノ本分ヲ尽サンノミ。

过去ノ一年有半彼ノ风涛ト战ヒ、寒暑ニ抗シ、屡々顽敌ト对シテ生死ノ间ニ出入セシコト固ヨリ容易ノ业ナラザリシモ、观ズレバ是レ亦长期ノ一大演习ニシテ之ニ参加シ几多启发スルヲ得タル武人ノ幸福比スルニ物无シ。

岂之ヲ征战ノ劳苦トスルニ足ランヤ。

苟モ武人ニシテ治平ニ偸安センカ、兵备ノ外观毅然タルモ宛モ沙上ノ楼阁ノ如ク、暴风一过忽チ崩倒スルニ至ラン。
洵ニ戒ムベキナリ。

昔者、神功皇后三韩ヲ征服シ给ヒシ以来、韩国ハ四百馀年间、我ガ统理ノ下ニアリシモ、一タビ海军ノ废频スルヤ忽チ之ヲ失ヒ、叉近世ニ入リ、徳川幕府治平ニ狃レテ、兵备ヲ懈レバ、举国米舰数只ノ应对ニ苦シミ、露舰亦千岛桦太ヲ觊觎スルモ、之ト抗争スルコト能ハザルニ至レリ。

飜ツテ之ヲ西史ニ见ルニ、十九世纪ノ初メニ当リ、ナイル及ビトラファルガー等ニ胜チタル英国海军ハ、祖国ヲ泰山ノ安キニ置キタルノミナラズ尔来後进相袭ツテ能ク其ノ武力ヲ保有シ世运ノ进歩ニ後レザリシカハ、今ニ至ル迄永ク其ノ国利ヲ拥护シ国权ヲ伸张スルヲ得タリ。

盖シ此ノ如キ古今东西ノ殷鉴ハ为政ノ然シカラシムルモノアリト虽モ主トシテ武人ガ治ニ居テ乱ヲ忘レザルト否イナトニ基ケル自然ノ结果タラザルハ无シ。

我等战後ノ军人ハ、深ク此等ノ实例ニ鉴ミ、既有ノ錬磨ニ加フルニ战役ノ实验ヲ以ツテ、更ニ将来ノ进歩ヲ图リテ时势ノ发展ニ後レザルヲ期セザル可カラズ。

若シ夫レ常ニ、圣谕ヲ奉体シテ、孜々奋励シ实力ノ满ヲ持シテ放ツベキ时节ヲ待タバ、庶几バ以テ永远ニ护国ノ大任ヲ全ウスル事ヲ得ン。

神明ハ唯平素ノ锻錬ニ力メ战ハヅシテ既ニ胜テル者ニ胜利ノ荣冠ヲ授クルト同时ニ、一胜ニ满足シ治平ニ安ンズル者ヨリ直ニ之ヲ褫フ。

古人曰ク胜ツテ兜ノ绪ヲ缔メヨト。

中文译本

联合舰队解散之辞 (明治38年12月21日 联合舰队司令东乡平八郎)

二十月余征战已成往事,我们联合舰队的使命已经完成,由此解散。但是我们作为海军军人的责任感却不能因此松懈。为了保护胜利果实,为了带给国家一个繁荣昌盛的未来,不论是战是和,海军必须站在帝国与外来冲击之间,必须一致保存它在海上的实力以面对不测。

这种实力不单单是蕴含在军舰与装备之中,它更包含在运用这些器物的无形能力里。当我们明白了百发百中之一炮可敌百发一中之百炮后,我等军人便不得不求武力于形而上。近期海军的胜利极大程度上要归功于我们为了获胜而进行的日常训练。

继往开来,尽管战争暂歇,我们却不可放纵于轻松。想来武人之一生应对连绵不断之战争,不由一时之停战而使其职责有分轻重之理。有事, 则发挥武力;无事,则修养之。始终一贯,唯尽其本分而已。

过去的一年半时间里我们从没遇过轻松的任务,我们战风斗浪,敌寒御暑,与顽敌死战以争夺海权;而今回顾,这只是总战略里的一次演习而已,我们于此获得的启发带来的快乐,战争的劳苦与之相比是那么无意义。

如果自称军人却只愿享受和平时的愉悦,那么不论战争机器外表如何光鲜,也不过是沙上之塔,在风暴面前只会轰然倒塌。往昔,神功皇后征服三韩以来,四百多年间韩国曾在我国统治下,结果海军衰落时一朝皆失。又如德川幕府时我国武备松弛,美国仅几艘战舰便让我方无法应对,同样在千岛群岛和库页岛我们也无法进行抵抗俄舰。

另一方面,当我们回顾西洋的历史,可以看到19世纪初英国海军通过在尼罗河与特拉法加海战获得的胜利不但使得国家安全稳如泰山,保持实力随着世界的进步而提升,更在当前时代保护国家利益并扩张国势。

以上,无论古代今世、不分西洋东洋,尽管一些是政治所导致的,仍然得承认,主要的战果都取决于士兵和时能否备战。我们这些幸存的军人应当牢记战例,并在将来的训练时将获得的经验加入并磨练,更为将来不落于人后的发展而探索。

只有平时遵照圣谕,用心勤勉服役,才能保持饱满的实力以待时局,履行永远保卫国家的使命。神明,仅向那些平素勤加锻炼,无需战斗,便已胜人一筹之人授予胜利之桂冠的同时,对于那些满足於一时之胜利,安于太平之人,将立即予以剥夺。

古训曰:胜者尤须系盔绪。


Last update: 2017-11-14 06:40:39 UTC