正義のセ/物語/3話

正義のセ/物語/3話

2018/04/25(水) 22:00~23:00 正義のセ#03[解][字][デ]

(竹村凜々子) カンパ~イ!(順子:朋美) カンパ~イ!
順子
 朋美 久しぶり~!

順子) お正月に会って以来だから4か月ぶり?

朋美) うわっ そんなになるか~。
司法修習の1年は
 毎日毎日→
イヤってなるほど
顔 合わせてたのに~。
今じゃ
 千葉 埼玉 横浜にバラバラだもんね。

順子) 文句言わないの。
うちらなんか
近くて まだマシなほうだよ。
他の同期なんかさ
 北海道だの沖縄だの行ってんだから。
だよね~

だから今日は
 こうやって再会の場をつくったんじゃない。
飲も飲も!
飲も飲も!
…って
 私だってそのつもりだったのに。
何で
 その再会の場が婚活パーティーなわけ~!?

司会者)さぁ 皆さんフリータイムです!
気になってる方が
いらっしゃる方→
ガンガン
話し掛けに行きましょう!

朋美) いいじゃない!私達 もともと→
このパーティーに
参加する予定だったんだも~ん。
そうしたら凜々子も
空いてるっていうからさ→
ほら
 せっかくだし。ハァ 貴重な休みが…。
だまされた~
。(朋美) だって凜々子→
本当のこと言ったら
来ないでしょ?
あっ!
 いい男~!
来ないに決まってんじゃん!
私には れっきとした→
優希っていう彼氏が
いるんだから~。
でも
 大阪に赴任してる1年間→
遠距離で
 ほとんど会えなかったんだよね?
まぁ
 そうだけど…。(朋美) 東京 帰って来たって→
あんたも彼も忙しくて

すれ違いなんでしょ?
そりゃ
 まぁ…。(順子) ここらで→
新しい出会い見つけといても
損はないと思うけどなぁ。
正直
 遠距離中の男って何してるか分かんないし。
ちょっと2人とも
何 言いたいのよ!

男性) ≪あっ どうも≫
同じ3人組ですね


順子:朋美) どうも~!
僕達
 花菱物産の同期なんです。
私達も
 同期なんですぅ。やっぱり?

男性) どんなお仕事なんですか?あ 私達は検…。
公務員です!
(男性) へぇ~。
検事なんて言ったら
男が寄って来ないでしょ!
はっ!?
 そんなもん?
検事が男ウケ悪い仕事だって
自覚ないわけ?
自分の彼女に取り調べされたい

男なんて いないでしょ!
なるほど

だから婚活パーティーに来てんの

幸せな結婚つかむって
大変なんだからね!
ねぇ
 何の話 してんの?
今ね
 何に見えるか当ててもらってるの。
何だろう~?
女検事が結婚するってそんなに大変なことなんだ。
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(振動音)
あっ
。[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA](振動音)
もう
 びっくりした「今 成田着いた」なんて。

中牟田) 予定より1日早く出張から帰って来れたからさ→
真っ先に凜々子に会いたくて
電話したんだ~。
も~!
 ハハハ…!ハハハ…!
でも
 友達と会ってたとかだったんじゃない?
あっ
 いいのいいの!もうグッドタイミング!
私には婚活なんて

必要ないんだっつ~の。

中牟田) ねぇ ここなんかどう?
あっ
 いいね! えっ 何これ。
蕎麦寿司だって
 おいしそう~!おっ!

口笛)
ここにする?
そうしよう!うん。
決~まり


口笛)
うん!
 おいしい!
なぁ
 今日さ。うん。
久しぶりに家来ない?
えっ?
たまには2人で
ゆっくりしたいじゃん。
うん…
 そうだね。
うん
 しばらく優希ん家にも行ってないし…。
うん
 行く。
フフフ…

。うん。
あっ…
 ねぇねぇ。
私と遠距離してる時に
誰か 家に呼んだりとかした?
ん?
 うん まぁ たまに友達とか。
たまにって
 月に何度ぐらい?
う~ん…
 2~3回くらいかな。
人数は?
多くても3~4人?
その友達って男のコ?
え?
当たり前じゃん
。あれ? 今 変な間あったよね?
さては
 時々女のコが混じってたとか!
もう
 やめろよ~そんな取り調べみたいな言い方。
そんな取り調べとか…
 あっ。
だからか~
検事は男ウケ悪いのは~。
ハハハハハ…

そんなことないよ

じゃあさ

 家来て捜査していいよ。
絶対
 な~~んも出て来ないから。
ん~?
 よ~し。
じゃあ
家宅捜索しちゃおっかな~!

中牟田) フフフ…。フフフ…。
遅刻だ~!
ハァ…! セーフ!
フフ…
 お泊まりから出勤なんて初めてだよ~。

 昨日と同じ格好は誰も知らないし。
問題なし

おはようございま~す!
≪おはようございます≫

徳永)あれ? 今日 何か雰囲気違うね。
あ…
 えっ… そうですか?うん。
いつもより
 やわらかいっていうか女らしいっていうか…。

榎戸) あぁ 確かに~。

木村) 何か いいことでもあったんですか?
い…

いつもと変わんないですよ~!

大塚仁志)休み明けで遅刻ギリギリ。
どうせ遊びまくって
まだ仕事モードに→
切り替わってないんだろ
。そんなこと…!

相原 勉) おはようございます。あっ おはようございます。
今日は1時に
例の結婚詐欺事件の被害者→
3時に被疑者が来ますので→
午前中の身柄事件を効率よくお願いします。
はい!
ついに来るんですね初めての結婚詐欺事件!

 結婚詐欺だけは絶っ対 許せないんですよ!
結婚したい女の人の
弱みにつけ込んで→
お金をだまし取るなんて
最低ですよね!
来たら
 きっちり締め上げて…!検事。
僭越ながら
 1つだけ言わせていただきますが…。
オシャレしようが
 外泊しようが→
昨日と同じ服で出勤しようが
一向に構いません ただし!
検事としての冷静さは

常に失わないでください。
はい
 すいません…。
え?
今 「昨日と同じ服」って言った?
何で知ってるのぉ~~…!
♪♪~
では
 沢井七美さん。
順を追って
 被害状況を説明していただけますか?

七美) はい。
私が藤堂さんと出会ったのは
半年前です。
あっ…
 藤堂というのは→
被疑者
 鈴木正夫の偽名ですよね?
はい

それを警察の方に
教えていただいたのが→
つい
 この間で…。あっ そうだったんですね。
彼とは
婚活パーティーで出会いました。
婚活パーティー?
あ いえ…。
どうぞ

 続けてください。
私も30過ぎて
職場で出会いもないし→
思い切って
参加することにしたんです。
初めてだったので
 緊張して→
どうしていいか
分からなくなっていたら→
向こうから声を掛けて来て…
。(鈴木)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]はじめまして[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あっ
 はじめまして[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

鈴木)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]藤堂です[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

七美の声)彼は IT企業の経営者で→
目を輝かせて
夢を語る姿に惹かれて→
お付き合いすることに
決めました。
頼もしくて
 優しくて→
いつも
 デートの費用は彼が出してくれて。
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ありがとう
 フフ…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

七美の声) 1か月記念日には横浜の「Adelina」っていう→
ステキな

イタリアンレストランで→
バラの花束を
プレゼントしてくれました。
付き合って3か月ぐらいで
自然と結婚の話が出て→
式場も予約したんです

幸せでした


七美) でも その後→
彼の事業で
トラブルが起きたみたいで。
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]1000万がないと…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]会社を閉めるしかないんだ[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]え…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
(七美の声) 結婚するんだから→
資金援助しても
構わないと思って→
1000万円を渡したんです

2人で幸せになるための→
お金だと思ったから…。
その直後だったんですね

鈴木と連絡取れなくなったのは

はい

[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]

(音声ガイダンス)おかけになった電話番号は…。

七美の声)電話が通じなくなってて→
彼のマンションに行ってみたら→
「そんな人は住んでいない」と言われて…。

七美の声)彼が経営しているという会社も→
存在していませんでした

それに…
2人で予約した結婚式場も→
翌日に
キャンセルされていたんです。
そうだったんですか…

あの…
 鈴木の部屋に行ったことはなかったんですか?
マンションの前までしか…

散らかっていて
恥ずかしいからって。
会社経営の肩書を
疑わなかったのは どうして?
会社のホームページを見せられて
信用してしまいました。
事業を成功させて
 たくさんの人の役に立ちたいという→
彼の夢を応援したかった

その一心で…


結婚するって→
相手の夢を 一緒に見ることだと信じてたんです。

七美の泣き声)
あんな純粋な思いを
踏みにじるなんて→
ホンット許せない

鈴木がやったことは
 典型的な詐欺師の手口じゃないですか?
結婚詐欺師って
 最初は→
初期投資として
デート代を出したりプレゼントしたり→
お金を使って
相手を信用させるんですよね。
この事件の厄介な点は
 鈴木が→
1000万円を受け取っていない
と主張しているところです。
警察の家宅捜索でも
1000万円は→
見つかんなかったんですよね?
貸金庫や貸しロッカーなど現金の隠し場所と思われる所を→
利用している形跡も
ありませんでした。
彼の預金残高も
 たった数万円。
これって

 全部使っちゃったってことですか?
それは分かりませんが…

もし
 ギャンブルなど→
金の行方の残らないものに
使っていれば→
もう追跡のしようがありませんね

フゥ…
。警察も→
決め手となる証拠がないから→
容疑否認のまま在宅送致して来たんでしょう。
被害者のためにも
 この鈴木って男を徹底的に調べて→
奴の尻尾を
つかんでやりましょう!
尻尾…

♪♪~
どうぞ。

警察官) ≪失礼します≫
♪♪~
鈴木正夫さん あなたは最初から→
沢井七美さんをだまそうとして
近づいたんですよね?
そんな
 とんでもない!
では

 どうして名前や職業を偽ったりしたんですか?
ありきたりな名前だと
婚活パーティーで覚えてもらえないし→
それに
正直に無職だなんて言ったら→
誰も僕なんかのこと
 相手にしてくれないじゃないですか。
あ…
 まぁ そうですよね。
じゃあ
 住んでるマンションをウソついたのは どうしてですか?
うち…
 狭いアパートなんで→
つい
 見えを張って。見え?
婚活パーティーの
プロフィルには→
趣味はダイビングとフットサルと
書かれていますが→
もしかして
 これも見えですか?
はい
 ホントは運動は からっきしダメで。
特技の英会話も?
全く喋れません。
ハァ~
 何から何まで全部ウソじゃないですか!

せき払い)すいません…。
あなたは

 こんなに手の込んだホームページまで作って→
存在しない会社の経営をしている
と見せ掛けています。
沢井さんをだまそうとした
証拠ですよね。
違います!
 ホントに会社を立ち上げようとしてたんです!

 申請中で時間がかかってるだけで…!
これは
 3月20日→
沢井さんが
 銀行口座から1000万円を引き出した時の→
入出金記録です

そして
 これが その直後の→
沢井さんと
 あなたのメッセージのやりとりを→
プリントアウトしたものです
。それが何か?
あなたが沢井さんに
「用意できた?」と聞いて→
沢井さんは
 「用意できたよ!」と返しています。
この
「用意できた」は1000万円が用意できた→
…ってことですよね?
とんでもない!
公園でデートする待ち合わせを

約束しただけです。
そんなわけ…
。1000万なんてお金→
僕は
ホントに受け取ってないんです!
それなら
 どうして突然→
沢井さんの前から
姿を消したりしたんですか!
それは…

結婚の話が進んだら→
僕なんかが→
彼女を幸せにできるのか
急に不安になって。
ホントに
申し訳ないことをしました。
でも…→
七美のことは本気で愛してたんです!
検事さん
 信じてください。
僕は
 本当に お金なんか受け取ってないんです!
だぁ~!
 手ごわい…。
あれが全部
 演技だと思うと人間不信になりそう…。
全然
 ダメじゃないですか。
すっかり相手のペースに

乗せられてますよ。
だって
 何聞いても のらりくらり。
ああ言えば
 こう言うし…。何度も言うようですが→
竹村検事は
被害者に感情移入するあまり→
被疑者に対して
 すぐにカッとなるという悪い癖があります。
検事は
 あくまでも中立公平な立場を貫き→
冷静に…
。冷静に! はいはい 分かりました。

 つかみどころがないからねぇ~結婚詐欺師は。
そうなんですよ!
何か もっと こう→
ホストみたいにギラギラしてる
感じかと思ったら→
意外と普通で
もう調子狂っちゃって…。
うん…
 結婚詐欺師っていうと→
分かりやす~いイケメンを
想像するけど→
意外と
 見た目はパッとしない地味~な人が多いんだよね。
なるほど…

いや

 ちょっと「なるほど」って!ありがとうございま~す。
でも
 あんなウソだらけの供述→
絶対
 どこかで綻びが出て来るに決まってますよね。
そう簡単に行くか
。え?
殺人犯や窃盗犯は
自分で悪いことをしている→
…という自覚がある

だから取り調べも
意外と素直に応じて 真実を話す。
確かに
。それに比べて詐欺犯は→
ウソをつくことに対する罪悪感は
みじんもない。
罪の意識のないウソを暴くのは
大変なんだ。
だから結婚詐欺を
 起訴に持ち込むのは難しいんです。
証拠不十分なら
不起訴ということも…。
不起訴って
 そんな…!
鈴木は絶対
 彼女をだましてます!最初から金目当てで近づいて→
1000万円を
だまし取ったんですよ~!
だから

 それをどうやって証明するかって話だ。
まだまだ新米の
 お前の手に負えるとは思わないけどな。
フッ
 せいぜい頑張れよ。
言われなくても頑張ります!
あの男のウソを絶対に暴いてみせます!
ま~たスイッチ入ちゃったな~


竹村温子)最低! そんな男 女の敵だよ!

竹村浩市) 男の目から見てもそんな奴は絶対に有罪だ!

竹村芳子) はいはい おとうさん。そうは言ってもさぁ→
結婚詐欺って
 起訴に持ち込むのが結構 大変みたいなんだよね。
え~
 何で?
まず
 最初からだます意図があったかどうかを→
証明する必要があるんだけど
彼女のこと→
本気で愛してたとか言われると…
。それ絶対ウソ。
それ絶対ウソ
。そう そう そうなんだけど→
それを証明するとなると
難しいっていうか。
ほら

 人の気持ちは証明できないでしょ?
そうよね
 人の心の中までは誰にも分からないもんね~!
おい
 実感こもってるなぁ。だって そりゃそうでしょ。
だって
 人ってさ口では何とでも言えるけど→
それが本当かウソか知ってるのは
その本人だけでしょ。
確かに
 お父さんが いくら「俺は浮気してない!」→
…って言ったところで
 その気はあったか なかったかまでは→
証明できないもんね
。何で今 俺の話になんだよ。
そうそうそう
 他に女がいたとか結婚してるのに→
独身だってウソをついていたとか
そういう客観的事実がないと。
でも
 それも ないのよ。

 浮気してないからね。例え話でしょ。
じゃあ
 お姉ちゃんが見つければいいんじゃない?
その客観的事実ってやつ

あ~
 それができたら苦労しないんだけどね。
まぁね


ハァ~…
 またイチから 一つ一つウソを洗い直すしかないか。
ホントに大変だね
検事って仕事は。うん。
昨日も
仕事で徹夜だったんでしょ?
えっ
 昨日?(芳子) うん。
あっ
 うん… うん そう。
休みだったのに
急に呼び出されちゃってさ。

浩市) 何の仕事してた?え~っと…。
あっ
 お父さんもう寝る時間じゃない?
あっ!
 こんな時間だもう寝よう。
温子も早くお風呂入りなさい
。は~い。

浩市) おやすみ!あぁ いい… やっとく やっとく。

温子) おやすみなさい。(芳子) じゃあ おやすみ。
セーフ

ハァ…
 やっぱり1000万円を受け取った証拠を見つけないと→
起訴は無理か…



ドアが開く音)

 どうだったの? 昨日。どうだったって何が?
彼氏とお泊まりだったんでしょ?
あ… やっぱりバレてたか。フフフ…。
ねぇ
 久々だったんじゃない?
エッチ

ちょっと…
 ヤ~ダ 温ちゃん表現がストレート過ぎ。
いいじゃん
 いいじゃん!
もう
 この手の話題で照れる年でもないでしょ。
まぁね…
 普通 普通。ふ~ん じゃあ よかった。
最近
 会えてないみたいだから心配してたんだよね。
ほら
 よくあるじゃん忙しくて すれ違いが続いて→
そのまま自然消滅みたいな

余計なお世話です~

私のことなんていいから
自分の心配しなよ。
豆腐屋なんて継いだら

出会いなさそう。
そうでもないかもよ~

え?
 何?[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA](メッセージの受信音)
何かあんの?
ううん 何でもない。
おやすみなさ~い
。おやすみ。
お姉ちゃんも早く寝なね
徹夜明けなんだから。
もう!
(温子) フフフ…!
ここが1000万円を渡した場所

いや
防犯カメラなら ありませんよ。
詐欺師は最初から
 そういう場所を選んでるんですから。
分かってます
 現場に足を運べば→
何か見つかるかも
しれないじゃないですか。
現場百回っていうし
。それは刑事の格言です。
検事も捜査権があるから
同じようなもんじゃないですか。
刑事と検事は全く違います

刑事が捜査の第一次的な

担当者であるのに対し…。
そんなこと今更
 言われなくても分かってます!
司法修習時代に
しっかり勉強しましたから。
あ~
 それはよかった。
検事が
あまりに自由な行動なもんで→
もしかしたら
 お忘れかと。ご心配ありがとうございます。
はい!
じゃあ これで気が済みましたね。
帰りましょう

[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(振動音)
はい

はい
 了解しました。
沢井七美さんから
連絡があったそうです。
沢井さんから?
どうやら新事実が発覚したようです。
新事実?
(七美)はい 結婚式場を予約した時→
手付金の20万を
私が払ったことを思い出して…。
手付金?

 それって鈴木が払ったんじゃないんですか?
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(七美) はい。
たまたま持ち合わせがないと
いうので 私が立て替えたんです。
昨日
 そのことを思い出して式場に問い合わせたら→
キャンセルした時
 その20万円を彼に返却したって言われて。
え?
この2人で間違いないでしょうか?

大谷) はい 本当に仲が良くて幸せそうな お2人だったので→
よく覚えています
。結婚式の予約をした翌日に→
この男性が1人で
キャンセルしに来たんですよね?
そうです
 その時 手付金の20万円をお返ししました。
こちらになります

何か不自然な様子は
ありませんでしたか?
いいえ

お相手の女性が希望していた
他の式場の予約が取れたからと→
とても申し訳なさそうに
していらっしゃいました。
あ~

 そうですか…。
やっぱり
 結婚詐欺師って抜かりないですね。
詐欺師は
 周辺の人間にも→
怪しまれるような様子は
決して見せないものです。
でも
 鈴木をせめる材料は見つけましたよね。
≪おめでとう!≫
≪おめでとう!≫≪カッコいいぞ!≫
わぁ…!
こんなステキな式場をトントン拍子で予約してくれたら→
そりゃ女なら誰でも
舞い上がっちゃいますよね。
沢井さんの気持ち
 分かるなぁ。
竹村検事は
 幸せな結婚を夢見る女性の気持ちが分かりますよね。
あんなハンサムな男性が
彼氏だったら なおさらです。
ハンサムって
 古…。
そんなことないですよ

…って
だから何で知ってるんですか!?
これを見てください
。(鈴木) 何ですか?
結婚式場の手付金

20万円が返金された時の→
受取証のコピーです

沢井七美さんに払わせた
20万円を→
あなたが受け取ったと→
結婚式場の方が証言してくれました。
このお金をだまし取ったと
認めますよね?
あぁ~!
 そうだ そうだ!すっかり忘れてました。
えっ…
。(鈴木) そうですね。
早く七美に20万
 返さないと。
でも
 今 失業中で全くお金がないんですよ。
お金がないわけないでしょ!
沢井さんから だまし取った1000万円があるじゃないですか。
いや
 だからそんなお金知らないと 何度も…。
じゃあ
 沢井さんは どうして→
警察に被害届を出したと
思ってるんです?
それは
 きっと→
僕が突然
姿を消してしまったから→
彼女は僕を恨んで→

困らせようとしてるんでしょう。はい~?
そんなことあるわけない
じゃないですか!
検事!
もちろん それも…→
僕が彼女の心を
傷つけてしまったから。
全て
 僕のせいです。
申し訳ありません

検事さん

彼女のこと
よろしくお願いします。
♪♪~
(相原の声) 完敗ですね。
ハァ~

ホントにもう
 鈴木を追い詰める手は ないんですかね。
まぁ恐らく
 結婚式場の手付金20万円を彼女に出させたのは→
金を出してくれる女かどうかを
探ったんでしょう。
そこで確信を得たから
 1000万円という大金を取りに行った。
ハァ~
 1000万円を受け取ったことさえ証明できれば…。
証拠が残らないように

手渡しにしてますからね。
このままでは→
起訴は難しいかと思います。
はい


ドアの開閉音)

七美)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]2人で幸せになるための→
お金だと思ったから…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]結婚するって→
相手の夢を
 一緒に見ることだと信じてたんです[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

温子) ん~! おいしい!うまいな これ。
この新
メニュー行けるよ お母さん!よかった~!
豆腐ふわふわシューマイ

さっ
 凜々子も食べてみて ねっ。あっ うん。
何だよ
 凜々子~珍しく早く帰って来たから→
一緒に晩飯食えると思ったのに
元気ねえな!
そんなことないって
変わんないよ。
うん!
 おいしい。わぁ よかった。
お姉ちゃん

 私が作ったおぼろ豆腐も食べてみて。
まだ試作品なんだけど
お店で出せたらいいな~と思って。
お前が作った豆腐なんて
まだまだだよ。
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(振動音)(芳子) いや 結構おいしいわよ。

温子) ほら~。ちょっと 私…。
彼氏?
彼氏?(芳子) え?
おい
 今 彼氏っつったか?

温子) 言ってないよ そんなこと。あっ… か からし?
もしもし

あっ
 凜々子? 今 大丈夫?
うん
 大丈夫もう 家 帰って来たから。
そっか

なぁ
 明日って仕事 何時に終わる?
明日?
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA](中牟田) 夜 ごはんでもどうかなぁと思って。
ホント?
 うん 明日はそんなに遅くならないと思う。
おっ

 やった!後で 店とかメールするわ。
じゃあ
 明日な。
うん
 明日ね。
♪♪~
(芳子) ビール ビール…。もう…。
今のところ
 鈴木があなたから1000万円を受け取った証拠が→
まだ出てなくて

結婚式場の手付金20万円は
返すと言っています。
そうですか…

このままだと
 鈴木の詐欺を立証するのが難しくなります。
他に何か覚えてませんか?
どんなに小さいことでもいいので。
もう
 何も…。
あのお金は
もう返って来ないんですね。

七美) 実は 1000万円を用意する時→
自分の貯金だけでは足りなくて→
両親に半分出してもらったんです。

七美) 一人娘の私のために→
ためてくれていた

結婚資金の500万。
母に何度も→
「本当に大丈夫なの?」って聞かれてたのに。
私…→
「あの人は大丈夫 安心して」なんて…。
ハァ~…
 バカですよね。
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ほら!
 元気出して頑張って![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]すまない[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
(七美の声) 本当に信じてた。
これで
 彼を救えるって。
自分のことは諦めがつきます

でも
 私を信じて大切なお金を出してくれた→
父と母に申し訳なくて…

♪♪~
♪♪~
許せない

詐欺師にとっては→
そんなメッセージなんて仕事の1つにすぎません。
女性を信用させるためなら
甘い言葉なんて→
いくらでも出て来る
。いえ…。
私が許せないのは…→

自分です。
えっ?
こんな最低な男ひとり起訴もできないなんて→
私は検事失格です

必ず
 あの男のウソを暴いてやる→
…なんて
大きな口をたたいたくせに→
もう降参か

ダメな検事ほど
 一つ一つの事件に感情移入をして→
いちいち落ち込んだり
舞い上がったりする。
それが
 時間の無駄だっていうことを早く気が付いてほしいね。
じゃあ
 私が今までやって来たことは→
全部
 時間の無駄だって言うんですか?
検事の仕事は結果が全てだ

どれだけ時間をかけたか
どれだけ頑張ったか→
そんなことは関係ない

そこまで言わなくても…

ハァ

 でも正論だ。
うわぁ…
 ここ?
あぁ~
 うまい。うまい。
やっぱり
 仕事帰りのビールは格別 格別。うん。
でも大塚検事って
 何であんなに竹村検事にキツいんすかね?
さぁ…
仕事のできる大塚検事はさ→
ああいう
熱意だけで突っ走るってタイプ→
嫌いなんじゃないの?
いや~…。
嫌いなら逆に
あそこまで言わないだろう。
そういうもんすかね
。まぁ 口は悪いけどさ→
彼は彼なりに
 竹村検事のこと→
気に掛けてんじゃないの?
そういうもんか。
まぁ
 そのおかげでクゥ~!とか→
余計
 やる気出しちゃってんだからこっちは迷惑なんだけどな。
あ~あ
 竹村検事と一回 飲んでみたいな~。
彼氏いるのかな?

やめとけ やめとけ。
検事なんかと飲んだら→
うまい酒も まずくなるから。そうですよね。
まずくなっちゃうんだから

ホントにステキなお店


 こんな格好で来て大丈夫だったかな?
全然!
 平気 平気。
う~ん!
料理もワインもおいしいし…。
優希が
 こんなオシャレなレストラン予約するなんて珍しくない?
あっ
 それは…今日は ちょっと特別だから。
特別?
あれ? 私 また何かの記念日 忘れてる?
えっ…
 誕生日は2人とも違うし→
付き合った記念日でもないよね

えっ
 何かあったっけ?ハハハ…。
今日は
 何の日でもないよ。
でも
 これから記念日になるかもしれないけど。
これから?

俺達さ…。
結婚しない?
えっ け… 結婚? 私と?
うん

えっ
 う~ん どうしたの?いきなり そんな…。
いきなりってことはないだろう?
もう4年も付き合ってるんだから。
そっか…
 そうだよね。
そっか…
 最近バタバタしててそういうの考える間がなくて。
う~ん
 お互い忙しくて→
すれ違い
 続いてたしな。あぁ…。
でも
 この間さ 久しぶりに→
凜々子が家に泊まった時
思ったんだよね。
やっぱ
 帰る場所が同じって大事だなって。
どんなに忙しくてもさ→
一緒に住んでれば会えないってことないだろ?
それで…
 結婚?

 凜々子となら ずっと楽しく暮らして行けると思うんだ。
優希…

。(中牟田) ハハ…。
はっ…!
(真美) おいしかった~。また いつでも連れて来るよ。
鈴木正夫?
(中牟田)えっ 凜々子 どうかした?
あっ
 ううん! 何でもない。
何で
 こんなとこに?(中牟田) こんなとこ?
えっ
 ここ結構 有名な店なんだけどな。
プロポーズするからさ
ちょっとカッコつけようかなって。
ダメだった?
えっ あっ… ううん!全然ダメなんかじゃ ない。
もう
 すっごく気に入ったよ。

真美) えぇ~!(鈴木) 1か月記念。

真美) ありがとう!
バラの花束…


七美)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]横浜の→
「Adelina」
っていう ステキなイタリアンレストランで→
バラの花束を
プレゼントしてくれました[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
「Adelina」。

ここ 鈴木が沢井さんを連れて来たレストランだ。

中牟田) 凜々子? ねぇ 凜々子?
さっきから
 何言ってんの?
えっ?
今→
凜々子に
プロポーズしてるんだけど俺の話 聞いてる?
あっ…
 そうだよね ごめん。

店員) ありがとうございました。

中牟田) 凜々子?
優希
 ごめん! 今 捜査してる被疑者があそこにいて→
お金持ってないって言うのに
いっぱい持ってて→
それって被害者から→
1000万 受け取った証拠なんじゃないかと思って。
えっ?
うまく説明できないけど→

 追い掛けたら何か つかめるかもしれない。
すっごく大事なことなの!
だから… ごめん!
♪♪~
(中牟田) ハァ…。
こっちも

 結構大事な話だったんだけどな…。
♪♪~
すいません前のタクシーを追ってください。
♪♪~
♪♪~
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(カメラのシャッター音)

榎戸) 相原さん。
竹村検事に付いてから
 ちょっと→
やつれたんじゃないっすか?
毎日 へとへとですもんねぇ。
そりゃそうだよ
大っ変なんだから!
[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]
(振動音)
はい
。[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA] 相原さん 今どこですか?
いや
 どこって言われても…。[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA] すぐ来てください。

 ついに鈴木の尻尾をつかまえました!
尻尾?
はい!
昨夜
 鈴木と一緒にいた女性は→
警察が尾行して
1人になったところで声を掛け→

 署のほうで話を聞いているところです。
ありがとうございます

自分で被疑者を尾行するなんて
検事がすることじゃ ありません。
すいません
。こんな写真ぐらいじゃ→
鈴木の尻尾を捕まえたことには
なりませんし。
ですよね…
。ですが→
この女性の証言が得られれば→
鈴木の詐欺を立証できるきっかけになるかもしれません。
え…
 あっ はい。
鈴木は
 お札をいっぱい持ってます。
こんな分厚い財布から
一万円札がいっぱい。
やっぱり
 沢井さんの1000万円を隠し持ってる可能性が高いですね。

せき払い)今度は何を?
この中に何か
 隠し場所のヒントになるようなものが→
あるんじゃないかと思って…
もう一度 全部 洗い直します。
ハァ~…

レストランで鈴木は

 女性にバラの花束を渡してました。
沢井さんをだました時と
全く同じ手口です。
きっと
 あの女性とも結婚する約束をして→
お金を
だまし取ろうとしてるんです。
そんなこと
絶対 許すわけにはいきません。
検事も
デート中だったんですよね?
そうなんですよ
 だからホントびっくりしちゃって。
何で
 デート中だって知ってるんですか?
いや
 あんな高級なレストラン女子会じゃ行かないでしょ?
なるほど

デートの最中に被疑者
 見つけて飛び出すなんて→
ホントよくやりますよね

ですよね

デート中どころか
プロポーズの最中だったのにな…。
えっ?
あ… いえ 何でもないです。
♪♪~

早く終わらせてもらわないと…。
まだ仕事が残ってますからね

はい!
♪♪~
♪♪~
♪♪~
ん?
相原さん。はい。
ランニングステーションって
何ですか?
あぁ
 ランナー達が着替えたり荷物預けたりする所ですね。
ランナー?
うん。
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ホントは
運動は からっきしダメで[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
運動苦手って言ってたのに→
何で こんなとこ行ったんだろう。
♪♪~
ハッ!
ロッカー…

えっ?
ロッカー!
♪♪~
こちらです。(開錠音)
♪♪~
検事!はい。

凜々子:相原) あった!
ん?
この写真に写っているのはあなたですよね?
いや~
 人違いじゃないですか?
その女性
 長谷川真美さんが証言してくださいましたよ。
あなた
 今度は藤堂さんじゃなくて城之内さんっていうんですね。
さぁ?
長谷川さんにも 結婚の約束までしていたんですね。
しかも
 彼女に近づいた時期は→
沢井さんと
 まだ付き合っていた時期と重なります。
私には
 何のことか…。
沢井さんを本気で愛していた
という言い訳は→
もう通用しません

あなたは
 お金目当てで彼女に近づき→
する気もないのに
結婚の約束までしていた。
そして
 1000万円をだまし取りましたね?
お金目当てなんて…
そんなことありません!
横浜ランニングステーションの→

あなたの契約しているロッカーにありました。
このお金は→
沢井さんから受け取ったもので間違いありませんね?
それは…

それは…

私のお金です

えっ?
以前 投資で稼いだ私の隠し財産です。
それとも→
七美から受け取ったという証拠でもあるんですか?
あります

何ですか?
 それ。

藤堂さんへ。
このお金は
2人の未来のためのお金です。
私たち結婚するんだから
遠慮しないで使ってね。
大丈夫
 あなたならきっと夢を叶えられる。
七美
」。
沢井さんが1000万円に添えた
あなたへのメッセージです。
お金しか目に入ってない

 あなたは気付かなかったかもしれませんが。
そ…
 そんなもの→
後から
 いくらでも入れられるじゃないですか!
確かに
 そうですね。
検事さんは
 僕をハメようとしてるんですか?
いいえ

警察で調べたところ
この紙袋にも 札束にも→
沢井さんの指紋が
たくさん付いていたんです。
これは
 どう説明するんですか?
沢井さんは
 夢見ていたんです→
あなたとの未来を


行員)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]お待たせしました[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

凜々子の声) 結婚して→
一生
 添い遂げる相手だと信じて。
だから
 1000万という大金も惜しまずに渡した。

七美)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]このお金さえあれば何とかなるんでしょ?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ほら!
 元気出して頑張って![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]すまない[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]本当に ありがとう[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]フッ[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]
(凜々子の声) でもあなたにとって 沢井さんは…。

凜々子の声) 結婚詐欺の標的でしかなかったんですね。
これは
 沢井さんから受け取ったお金ですね?
鈴木正夫さん

あなたを
 沢井七美さんに対する詐欺罪で起訴します。
あなたの罪は→
お金を だまし取っただけではありません。
幸せな結婚がしたいという
女性の心を→
深く傷つけたんです

そのことを
決して忘れないでください。
♪♪~
(七美) ありがとうございました。
検事さんのおかげで
両親に お金も返して→
きちんと謝ることができました

本当に

何て お礼を言ったらいいのか…。
お礼なんて
 そんな…。
私は
 自分がするべきことをしただけです。
カッコいいですね
。えっ?

 昔から結婚願望が強くて→
早く結婚して
 仕事を辞めたいなんて思ってたんですけど…。
私も検事さんみたいに→
自分の仕事に誇りを持てるようになれたらいいなって。
あっ
 そんな…。
あっ
 じゃあ しばらく婚活は…?
いえ
 結婚は したいです。
今回の大失敗を生かして→
今度こそはちゃんとした相手を見つけたい。
仕事も結婚も
どっちも頑張ってやるぞ!って→
張り切ってるんです
。あぁ そうですか。
頑張ってください
。(七美) はい!
ありがとうございました

仕事も結婚もどっちも頑張る」か…。
この間は
 本当にごめんなさい!
ハハ…
 もういいよ。
座りな

あぁ~…
 だってあんなに大事な話の途中で→
飛び出しちゃうなんて
私 どうかしてたっていうか。
いくら仕事のためだからって
ひどいよね。
ホンットひどい
もう ホントにホントにひどい。
ううん
 ああいうことがあってかえって よかったと思ってる。
凜々子の気持ちが
よく分かったから。
私の気持ち?
うん。
今の凜々子にとって→
検事の仕事がすっげぇ~大事なんだなって。
もちろん仕事は大事だよ

でも
 私 優希のことちゃんと真剣に…。
今日だって
 この間の返事をちゃんとしようと思って…。
別れよう


えっ?
凜々子のせいじゃないよ。
俺さ
 ずるいこと考えてたんだよね。
結婚すればさ
 凜々子も少しは仕事セーブして→
そばにいてくれるんじゃないかな
なんて。
でもさ
 検事の仕事を→
あんなに必死で頑張ってる
凜々子を見たらさ→

俺と仕事 どっちが大事?」なんて… 言えないよ。
優希…


中牟田) 俺は→
凜々子のこと
ず~っと応援してる。
それは
 今までも これからも変わらないから。
元気でな

優希もね

じゃあ

♪♪~

♪♪~
♪♪~
あぁ~!(木村:榎戸) あぁ~!
今日も
 一件落着!
いや~
 例の結婚詐欺事件→
一発逆転で
起訴できてよかったですね。
また
 竹村検事お手柄なんじゃないっすか?
いやいやいや…
 私がいませんとねまだまだでございますよ。
いや
 そうですかね?
あんな
 むちゃくちゃでやりたい放題の無鉄砲な新米に→
振り回される
 こっちの身にもなってみろって…。
その無鉄砲な新米検事って
誰のことですか?
もう
 言いたいことがあるなら陰でコソコソ言わないで→
直接
 本人に言ってくださいよ~。はい…。
何で
 ここに?何で ここにって→
私だって飲みたい気分だったんで

だからって

ここに来なくてもですね…。
いつも仕事帰りに
この店で飲んでるって→
木村さんから聞いたんで

ここは
 事務官だけの憩いの場だったのによ。
すいません
。でも まぁ せっかくですから→
いいんじゃないですか?
そうですよねぇ。ねぇ!
飲みましょう
 飲みましょう。
すいません!
(店員) はい。
取りあえず
 グラスとあと 冷やしトマトと…。
あっ
 締めサバください!(店員) はい。
あぁ
 すいません フフフっ。
はい

お~っとっとっと…!
フフフ…。
何かありました?
いや 何か…。
あ~!
 彼氏と別れました。あっ そうですか。
えっ?

そういうことで→
仕事
 ますます頑張りますのでよろしくお願いします。

ますます」って…。
あぁ
 それじゃ はい。
せ~の!
(凜々子:榎戸:木村) カンパ~イ!
あぁ~
 うまい!
2018/04/25(水) 22:00~23:00
読売テレビ1
正義のセ#03[解][字][デ]

阿川佐和子原作。不器用だけどまっすぐな新米検事の痛快お仕事ドラマ!今夜は「VS結婚詐欺師」。手ごわい被疑者を起訴に追い込めるのか!?そして、突然のプロポーズも!

詳細情報
出演者
吉高由里子
安田顕
三浦翔平
広瀬アリス
平埜生成
夙川アトム
大野拓朗
塚地武雅
宮崎美子
生瀬勝久
【ゲスト】
三浦貴大
磯山さやか
番組内容
結婚詐欺事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)。被害者の七美(磯山さやか)は、結婚の約束をしていた男から一千万円を騙し取られたという。だが、被疑者の鈴木(三浦貴大)は金は受け取っておらず、七美の事も愛していたと訴える。凜々子は相原(安田顕)とともに詐欺の証拠を探し出そうとするが、決定的な物は見つからず、捜査は難航していく…。そんな中、凜々子は恋人の優希(大野拓朗)から突然、プロポーズされる!
監督・演出
【演出】
岩 アマリエ
原作・脚本
【原作】
「正義のセ」シリーズ 阿川佐和子(角川文庫)
【脚本】
梅田みか
音楽
【主題歌】
「失敗学」福山雅治(アミューズ/ユニバーサルJ)
【音楽】
得田真裕
制作
【プロデューサー】
加藤正俊
鈴木香織(AXON)
【制作協力】
AXON
【製作著作】
日本テレビ

ジャンル :
ドラマ - 国内ドラマ


Last update: 2018-05-06 10:01:18 UTC