正義のセ/物語/2話

正義のセ/物語/2話

2018/04/18(水) 22:00〜23:00 正義のセ#02[解][字][デ]

(竹村凜々子) ん~ おいしい。

中牟田) おっ! どれどれ~?

うん

 うまい!でしょ?

あれ?

 そういえば優希ってパクチー ダメじゃなかったっけ?

うん

 でも 会社の先輩と行く店で無理やり食わされてるうちに→

何かOKになっちゃってさ!

やっぱ1年も離れてると知らないことも あるもんだね。

凜々子

 検事になったと思ったらいきなり大阪行っちゃったもんな。

だよね~

 でも大丈夫。

横浜地検に配属になったから

今度から いっぱい会えるよ。

だな

。(店員) お待たせしました。

来た

 来た!う~ん やっぱビールだよね。

昼間から飲めるなんて幸せ

カンパ~イ

。乾杯。

[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]

(振動音)

ちょっと

 ごめん。(中牟田) うん。

もしもし

あっ

 徳永さん どうしました?

徳永) あ~ よかった竹村君つかまって。

今日

 僕 日直なんだけどさ午後から代わってくれないかな。

えっ?

いや~ かみさんと娘がいっぺんに熱 出しちゃってさ。

僕が行ってやらないと

どうにもならないんだよ~。

でも

 私 今…。

[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]

(徳永)身柄事件が立て込んでてさ~…。

頼むよ

あ~

 分かりました すぐ行きます。

ハァ~

優希

 ごめん!ん?

これから仕事に行かなきゃ

いけなくなっちゃって。

えっ

 日曜なのに?ホントにホントに ごめん。

店員) ローストビーフです。

もう~

 何でこうなっちゃうの!

犬の吠え声)あっ! 何 何?

あっ

 すいませんお待たせしました。

あ~

 竹村君ありがとう。いえ。

あっ!

 相原さんも呼び出されたんですか?

相原 勉) 竹村検事の担当事務官は私ですから。

悪いね

 相原さんに引き継ぎしといたから→

 よろしく。えっ?

榎戸) じゃ 僕もこれで… ヘヘ失礼しま~す。

あ~

 暑い。

ハァ~

今日

 気合 入ってますね。

もしかして

 デートでした?

えっ?

 あっ デート…。

あっ…

 はい。

遠距離だった彼氏と3か月ぶりに

へぇ~

。相原さんも ご家族と→

お出掛けとかだったんじゃ

ないんですか?ん?

うん…

 まぁ。

そんなことより

被疑者が待っているようですので

はい

ハァ…

あなたは

 [外:C01D2BAFCE469DA1ABBB612FDB16C1E3]交際相手の女性に→

1週間で351通の

脅迫メールを送った。

間違いないですね?

(被疑者)いいえ 脅迫なんかしてません。

ですが

 ここに証拠があります。

僕が送ったのはラブレターです

でも

 読ませていただきましたが書いてあるのは主に→

クソ女だとばらす」「殺す」 「地獄へ落とす」など→

相手を怖がらせるような

言葉ばかりですよね。

それは→

愛の言葉ですよ。

検事さん

 愛って何か知ってます?

そんなこと

あなたに言われたくありません。

大体

 あなたが今日ここに連れて来られなければ→

今頃

 私は…!(せき払い)

検事

あ…

 フフ。

♪♪~

う~ん! おいしい!うん よかった!

いや~

 昨日は助かったよおかげで娘にも→

パパ ありがと」なんて言われちゃってさ。

ポイント

 アップ! アップ!お役に立てて よかったです。

あの

 これ もう1個いいですか?どうぞ。

あっ

 大塚君!大塚君もプリン どう?

おいしいんだよ

 これ。大塚さんは プリンって柄じゃ…。

大塚仁志) いただきます。(徳永) よし。

うまっ!

でしょう?食べるんだ。

フフっ

人は見掛けによらないな

[外:6FD7DBAC9AD5D605768457F173A1CBD1]

(アナウンサー) 次のニュースです。

[外:6FD7DBAC9AD5D605768457F173A1CBD1]

 横浜市永田区みなみ台の住宅で→

妻が夫を花瓶で殴って…

。(木村) あっ。

これ

 うちの管轄ですね。えっ?

[外:6FD7DBAC9AD5D605768457F173A1CBD1]

(アナウンサー) 逮捕されたのは主婦の町田かれん容疑者 48歳。

[外:6FD7DBAC9AD5D605768457F173A1CBD1]

 殺害されたのは夫で会社役員の町田義之さん…。

[外:762CBC6B6F0F7132973C0F6CEB4141C6]

(ベル)夫婦ゲンカで旦那殺すなんて→

物騒な嫁さんだな

。はい。

これ

 どなたが担当になるんですかね?

重大事件だから

大塚検事じゃないですか?

はい

。(受話器を置く音)

竹村検事

支部長がお呼びです

はい

えっ!?

 わ… 私がですか?

梅宮) ああ 竹村君→

まだ殺人事件は

担当したことなかったよね?

はい

難しい事件かもしれないが

何事も経験だよ。

どうかな?

やらせてください!あ そう! よし!

明日には送検されて来るから

じゃあ

 頼んだよ。

はい

殺人事件か…

よし!

わっ! 相原さん。

あの事件の

担当になったんですか?

はい!

 あっ 私 頑張りますのでよろしくお願いします。

不安だ

。えっ?

検事

 老婆心ながら ひと言。

はい

検事は気合を入れ過ぎると

空回りしがちです。

常に冷静さを保ってください

。はい。

上から目線も

 ナメられるのもどちらもいけません。はい。

それから前にも言いましたが

感情が顔に出がちですので→

くれぐれも注意を

。はい。

ハァ…

。やっぱり1つじゃないじゃん。

何か?

いえ 何も。

ハァ~

 確かに不安だ。

竹村温子) 何? 何の話?

あぁ

 詳しくは言えないけど殺人事件。

竹村浩市) 殺人事件!?(竹村芳子) 殺人事件!?

うん

。それを お前が担当するのか?

温子) すご~い!

ってことは

 凜々子が殺人犯を取り調べるのよね?

まぁ

。何だか怖いわ。

温子) ねぇねぇ ねぇねぇどんな取り調べするの?

いや

 それがさ 問題でさ殺人事件って→

亡くなった被害者から

話を聴くことはできないから→

被疑者の取り調べが

すっごく重要になるわけ。

温子:浩市) ふ~ん。被疑者…。

あっ

 そうだ 協力してくれる?協力?

まず

 人定確認を行います。

名前

 生年月日 住所を言ってください。

竹村温子

 墨田区本所三丁目。

年齢は…

 ミ ツ! なんつって…。

では

 事件についてお聞きします。(温子) 私は無罪です!

何もしてないのに

犯人に仕立てられたんです!

これは

 えん罪です!タイム タイム タイム!

ちょっと

 温子! そんなふうに全部 否定されちゃったら→

取り調べの練習にならないでしょ

だって

 お姉ちゃんが 「被疑者になったつもりで困らせて」→

…って言ったじゃん

。それは それは それは…。

それはそうだけど

 まず殺したことを認めてくれないと→

取り調べが進まないの

なるほどね

 うん 分かった。

ちょっとナイフで刺したら

死んじゃって。

殺すつもりはなかった

ということですか?

そうです

 はい。(芳子) ん? ん…?

あの

 ちょっといい?

殺すつもりがあってもなくても

死んじゃったら同じじゃないの?

そこが

 大っきな違いなの。えっ 何で?

殺すつもりで殺したら

「殺人罪」で→

死刑または

無期もしくは5年以上の懲役ね。

殺すつもりがなくて

 相手を傷つけて殺してしまったら→

傷害致死罪」で3年以上20年以下の懲役なの。

はぁ~

 結構 違うのね。

そしたら

 みんな→

殺すつもりは ありませんでした」って言うんじゃないのか?

それを

 きっちり調べて見極めるのが検事の仕事なの。

なるほど~

。そうか~。

よし

 じゃあ 俺がやる。

温子

 代われ代われ…。(温子) えっ?

せっかく

 いいとこなのに。いいから いいから。

芳子) ここからなのに…。(温子) ねぇ~。

では

 事件についてお聞きします。

私が

 あの人を殺してしまったの!

愛してたの!

お父さん お父さん…!

浩市) お父さんじゃありません!もういい もういい!

お父さんじゃ

 ない…。お父さんだよ!

お父さんです

押送3名

 到着。了解。

お願いします

。はい。

よし

読みます

。宣言しなくて結構です。

あ…

 はい。

凜々子の声) 「事件発生は平成30年4月15日→

午後11時30分頃

被疑者

 町田かれんは→

酔って帰宅した夫

町田義之と口論となった。

夫に殴られそうになった

かれんは→

自分の身を守ろうと

 とっさに近くにあった花瓶で義之を殴打。

すぐに自ら110番通報し→

駆け付けた警察官が町田かれんを逮捕。

その後

町田義之の死亡が確認された」。

被疑者

 町田かれんは夫を殴ったことは認めているが→

殺すつもりはなかったと

殺意は否認している。

これって…

。殺人か 傷害致死か→

検事が判断しなければいけない

ということです。

はい

ノック)

録音

 録画 開始します。はい。

どうぞ

。(警察官) ≪失礼します≫

お座りください

町田かれん) はい。

では

 事件について お聞きします。

あなたは

 平成30年4月15日午後11時30分頃→

自宅に…

町田さん?

あの… 事件というより→

事故だと思うんです

事故?

はい。

夫から

手を上げられそうになったから→

とっさに抵抗しただけで…

抵抗というのは

花瓶で殴ったということですか?

はい

何回

 殴ったんですか?1回だと思います。

殴った後は

 どうしましたか?

さぁ…

 覚えてません。

気が付いたら

 夫が倒れてて息してなくて→

びっくりしました

まさか死んでしまうなんて…

殺すつもりはなかった

ということですか?

はい

口論になった理由は何ですか?

お茶漬け。(凜々子:相原) えっ?

主人

 飲んで帰った日は必ず お茶漬けを食べるんです。

でも

 あの日は私が用意するのを忘れてて。

これまでに

 ご主人が手を上げるということは…?

いえ

 全然!

主人は

 そういう人じゃありません。

私も

 今まで生きて来た中で→

人を殴るなんて…

だから

自分でも信じられなくて…。

結婚して25年…

うちは

 うまく行ってたんです。

かれん)もうすぐ銀婚式だったのに…。

こんなことになってしまって…

泣き声)

凜々子の声)何だか 気の毒ですね。

25年も連れ添った旦那さんを

間違って殺しちゃうなんて。

どうも信用できませんね

。どうしてですか?

町田かれんには

娘がいるんですよ。

まりあ

 19歳1年前に家を出て 独立してます。

はい

 それが?

警察の聴取で

「娘の現住所は分からない→

全く連絡を取っていない

」と答えてるんです。

19歳の娘の居場所が

分からないなんて→

母親として

 どうかと…。確かに。

でも珍しいですね

 相原さんがそんなに むきになるなんて。

いえ

 別に…。

もしかして

 相原さんのお宅にも→

娘さんが

 いらっしゃるんですか?

バ…?

 1? バツ?

バツ1!

あっ あの… すいません。

別に謝るようなことじゃ…

。だって この間も→

ご家族とお出掛けですか?

なんて余計なこと…。

わざわざ蒸し返さなくて

いいですから。

あぁ…

。(木村) 竹村検事→

永田署の三上刑事からです

。あっ はい。

あっ

 竹村です。

三上) 町田かれん男がいたかもしれませんよ。

えっ?

[外:972E70B20DBC51E7BA00CFDF3AB2EF00](三上)40代とみられる男性と頻繁に会っていたという→

目撃情報が

複数寄せられています。

[外:972E70B20DBC51E7BA00CFDF3AB2EF00]

 外見の特徴からして全て同一人物です。

その男の身元は

分かってるんですか?

いえ

 まだ…でも スーパーの防犯カメラに→

町田かれんと

 その男性が写っていました。

そちらに

 写真を届けるよう手配したんですが…。

あっ

 はい ありました。

男の身元が割れ次第

ご連絡します。

はい

 お願いします。

この男性は?

町田かれんが頻繁に会っていた人のようです。

もしかして

 不倫ってことですか?

まだ分かりません

でも もしそうだとしたら→

ご主人と

うまく行ってたっていうのは…。

ウソってことになりますね

事件現場

 行きます。えっ?

町田かれんのこと

もっと知りたいんです。

検事!

 待ってください。

おっ

 お~。あぁ~ ごめんごめん…。

ちょっと

 検事落ち着いてくださいよ。

不倫は

 やっぱり許せないですよ。

横浜地検の者です

。(警察官) あっ 検事さん。

あぁ

 いや…。検事の竹村です。

んっ?

 あっ どうぞ。

検事の竹村です

 こちらでも中を見させていただきます。

検事

あっ

 すいませんありがとうございます。

町田義之さんが倒れていたのは

この辺りですよね?

そうですね

あぁ

 ちゃんと料理は してたみたいですね。

うん

んっ?

枕が1つ…。

あっ…

 ご主人は寝室で町田かれんは ここで寝ていた。

これって家庭内別居

夫婦生活が破綻していた証拠…

。ハァ…。

結婚20年もたつと

寝室を分けてる夫婦は→

3割もいるらしいですよ

。あ~ そうなんですか。

お互い

 好きな時間に寝られるし→

相手のいびきや歯ぎしりに

悩まされることもないから→

かえって

夫婦生活円満らしいですよ。

へぇ~

ちなみに私も

結婚当初から寝室は別でした。

あれ?

でも 相原さんのお宅は 夫婦円満というわけにはいかなかった…。

あっ…

 失礼しました。

構いません

事実ですから

あの~

 失礼ついでに聞いてもいいですか?

まだ何か?

離婚の原因って何だったんですか?

直球ですね

。すいません。

小姑…

。はい?

小姑みたいだ」って言われたんです 妻から。

あなたの言うことはいつも正しいけど→

息が詰まる

」って。

あぁ…

 なるほど。

そこ納得するんですね

。あっ いえ…。

勉強になります

特に新しいものは

見つからなかったですね。

そりゃそうでしょ

夫婦っていうのは→

他人には分からないものですから

。≪ウッソ! 町田さんが?≫

珠江) 私 見たんだから!

検事?

あの 何を見たんですか?あんた 誰?

あっ

 すいません検事の竹村と申します。

検事さん?

あっ やだ~ 参っちゃうな…。

何を見たか

教えていただけませんか?

あぁ…

 うちの前ゴミの収集所になってるのよ。

でね

 ゴミ出しは朝6時以降って決まってるのに→

昨日の朝5時頃

犬の散歩してたら→

もうゴミが出てて

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]誰よ?

 ルール違反は[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]町田さん?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あっ[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]え…

 え~![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

離婚届!?

 本当ですか?

近いです

。間違いないわよ。

今は

 そのゴミはどこに?もう回収されちゃったわよ。

こんな事件になるなんて

思わないから。

そうですか…

。次 行ってみましょう。

離婚届

 町田かれんが用意していたんでしょうか。

あの写真の男性と

一緒になりたくて→

夫と別れようとしていたと

考えると つじつまが合いますね。

やっぱり不倫してたのかな

三上) 竹村検事 相原さんお待ちしてました。

あ~

 どうもすいません 遅くなりまして。

ドアが開く音)

まだ着替えてないんですか?

司法解剖 苦手なんですか?

あっ

 いえ あの…。

すいません

 これだけはどうしても苦手で…。

知らなかったんです

検事 目指してる時に→

司法解剖まで

 一緒に立ち会わなきゃいけないなんて。

気分が悪くなったら

言ってください。

♪♪~

検事。

先生に

 お聞きしたいことはありませんか?

あぁ

 えっと あの…。

死因は何でしょうか?

(解剖医) 鈍器で殴られたことによる脳挫傷ですね。

殴打の衝撃が

頭蓋骨まで達してます。

側頭部に

 数回にわたる殴打痕が重なっています。

数回?

1回だけじゃないんですか?

解剖医) ここ 見えますか?うわ…。

1回の傷痕じゃないですね

。(シャッター音)

解剖医) 少なくとも5回は殴打されてます。

相原:凜々子) えっ?

1回

 殴っただけっていう町田かれんの供述と→

一致しないですね

5回も殴ったってことは

殺意があった。

つまり

 傷害致死ではなく殺人の可能性が高い。

町田義之さんの司法解剖の結果

頭部の傷痕から→

5回

 殴られていることが分かりました。

1回だけしか殴っていないという

あなたの供述と一致しません。

これは

 どういうことか説明していただけますか?

 1回だけとは言ってません。

え?

1回 殴ったら→

夫が気を失って倒れて→

その後のことは覚えてないって言ったんです。

ホントに覚えていないんですか?

はい。

でも現場には

 ご主人の他にあなたしかいなかった。

あなたが5回殴ったとしか

考えられませんよね?

5回も殴るなんて→

ご主人を殺してしまおうと思ったからじゃないですか?

どうして私が→

主人を殺そうとしないといけないんですか?

町田さん

頻繁に会われている

男性がいますよね?

え?

3月19日「フレッシュコーヒー」 大岡店。

3月28日

レストラン 「ホットデイ」。

4月5日

スーパー「マルタツ」 横浜南店。

この人は誰ですか?

知りません。

知りません」って…。

あなたが

 この男性と親しそうに話しているところを見た人が→

何人もいるんですよ?

見間違いじゃないですか?

キーボードを打つ音)

せき払い)質問を変えます。

4月15日の深夜→

あなたは警察が到着する前にゴミを出しましたよね?

その中に

 破られた離婚届があったという証言があります。

知りません

ゴミを出した記憶もありません。

町田さん…

ホントは全部

 覚えてるんじゃありませんか?

この男性と不倫関係に

あったんじゃありませんか?

この男性と一緒になりたくて→

夫が邪魔になって殺したとでも言いたいんですか?

検事さん

結婚したことあります?

ありませんが それが何か?

そんな

 鼻の穴膨らませて怒らなくてもいいじゃないですか。

いや…

別に怒ってなんかいませんよ!

ごめんなさい

結婚していないのが悪いって

言ってるんじゃないんです。

ただ→

結婚って いろいろあるから。

仮に→

私が夫以外の男性と一緒にいたとして→

離婚届を持っていたとして→

でも そんなことで→

夫を殺したんだろう」なんて言われても→

夫婦って

そんな簡単なものじゃないから。

あぁ~~~

ダメだ ダメだ 負けた!!

クッソ~!

 悔しいぃ~~!!

だからトイレで叫ぶな

すいません

殺意を全面的に否定されて…。

どうせ

絶対に自白させてやろうとか→

意気込んでたんだろ

。それは まぁ そうですけど…。

そういう鼻息荒いのは

かえって相手にナメられるんだ。

でも

 5回殴ってたのは確かなんです。

私は殺意があったと思います

。いくら そう思ったところで→

被疑者の自白が取れなければ

殺人罪での起訴は難しい。

はい

やっぱり

 お前にはまだ早かったみたいだな。

木村:榎戸:相原)お疲れさまでした~!

あぁ~…

やっぱ 仕事の後はビールだな。

嫌なこと

全部 忘れさしてくれるよ。

例の殺人事件

 あれ相当 手こずってるみたいですね。

まぁな…

被疑者が

 殺意を全面否認してる。

竹村検事には

 まだ無理だったってことなんですかね~。

そりゃ

 そうだよだって2年目だも~ん!

いや

 あの被疑者は誰が相手でも大変だ。

榎戸:木村) え?

うん…

 いや まぁ…お手並み拝見させてもらうよ。

こんなところで

つぶれるようなら→

竹村検事も

それまでだってことだ。

うん…

 そりゃそうだな。まぁ そうだな。

ただいま…

浩市) だから お前には無理だって言ってんだよ!

温子) んなもん やらなきゃ分かんないでしょ!

やらなくたって分かってるから

言ってんだろ この分からず屋!

どうしたの?

温子が 豆腐屋継ぎたい→

…って言ったら

おとうさんがダメだって。

私が継がなきゃ

この店 つぶれちゃうんだよ!?

それでいいんだよ

この店は

俺の代で終わりにするんだよ。

ちょっと

 2人とも落ち着いて…。

お前

 黙ってろ!お姉ちゃんは黙ってて!

いいか?

 とにかく→

俺がダメだっつったら

ダメなんだよ!

バッカみたい

バカ?

お前 今 親に向かってバカって言ったか?

うん

 言ったよ?だってホントのことだもん。

バカ

 バカ! バ~カ!!

温子

 お前…!この クソ親父!

浩市) コラ!(芳子) 落ち着いて おとうさん!

離せ!

ハァ…。

あぁ…

温子が本気で

 店 継ごうとしてるなんて知らなかったよ。

まったく…

おとうさんも

ホントは うれしいくせに。

じゃあ何で

 あんな言い方するの?

温子に苦労させたくないからよ

。え?

このご時世

 豆腐屋続けて行くのは大変だもの。

特に

 女には大変な仕事だから。

お店は自分の代で畳むって

おとうさん 決めてたのよ。

温子

ねぇ

 あれ→

お父さんだって本心じゃ…

。(温子) ほっといて。

ごめんね

何で

 お姉ちゃんが謝るの?

だって

 私が検事になったから→

温子

 自分が跡継がなきゃって思ってるんでしょ?

違うよ

お姉ちゃんは関係ない

関係ない」って… 私だって→

一応

 この家の長女なんだから…。そうじゃなくて。

お姉ちゃんには

 検事として頑張ってほしいと思ってる。

これ本心だから

分かった

じゃあ寝るね

 おやすみ。

おやすみ

ハァ…

 家でも事件勃発か。

[外:3D1BD145819ECE4A33807CE3A4B1EFAA]

(振動音)

おはようございます

おはようございます

町田かれんが会っていた

男の身元が分かったそうです。

えっ…

 あの不倫相手ですか?

いえ…

 それが不倫の相手ではなかったようで。

え?

就職をあっせんする会社の社長さんだったんですね。

片山) はい。

うちは特に

 中高年の就職に力を入れておりまして→

町田かれんさんも

就職先を探しに来られました。

町田かれんがですか?

「ずっと専業主婦で働いた経験がない→

それでも雇ってもらえるところが

あるだろうか」と。

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]どんな仕事でも頑張ります!

よろしくお願いします[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

片山) いや~ 熱意のある方で→

私も

 何とかお役に立ちたいと思って→

何度も相談に乗りましたし→

面接に同行もさせていただきました。

あ…

 あぁ だからお2人が一緒にいるところを→

何度も目撃されてたんですね

町田さん

仕事は見つかったんですか?

ええ

 半年かかりましたが→

やっと

スーパーの内定を頂きました。

スーパー…

 ハッ!

あの

 これ…。

あぁ

 そうです。

来月には

働く予定だったんですが→

まさか

こんなことになるなんて…。

ホントに残念です

あの…

 彼女 どうして急に働きたくなったとか→

何か

 他に言ってませんでした?

詳しいことは聞いてませんが…

住宅補助制度があるところを

希望されてましたが。

住宅補助?

ということは つまり…。

町田かれんは

 夫と別れて1人で生きようとしていた。

取り調べで見せた顔とは

全然 違う顔があったんですね。

 町田かれんのことが分からなくなって来ました。

相手は殺人事件の被疑者ですよ

ひと筋縄で行かないのは

当たり前です。

どうすれば彼女のこと

 もっと知ることができるんでしょう。

竹村検事

これ 永田署から届きました。

町田かれんの

スマホのデータだそうです。

相原さん!

♪♪~

♪♪~

えっ? 電話の登録は これだけ?

ほとんど片山さんか

よつばスタッフの事務所の人としか→

電話してない

メールも同じだ

彼女には

心を打ち明けられるような人→

いなかったのかな?

ん?

えっ

 どうしたんですか?

SNSをやってるんですけど…

自分からは

何も発信していなくて→

フォローしてる相手も

1人なんです。

えっ

 それって どういう…?この1人の投稿を見るために→

SNSをやっていた

ということになりますね。

MARIA」?

あっ!

 町田まりあ!

娘さんだったんですね

彼女

 娘の居場所は分からないって供述してたのに→

どういうことでしょう

どうやら

 娘さんには母だとは名乗らず→

他人のふりをしてコメントの

やりとりしていたようですね。

町田かれんは→

1年前に出てった娘をずっと陰から見守っていた。

相原さん!

まりあさんに会いましょう。

え?

会えば 町田かれんが→

ホントは

 どういう人間なのか分かる気がします。

そんなこと言っても

一体 どこにいるのか…。

警察に協力を仰ぎましょう

あっ!

そうだ…。

♪♪~

あっ。

あっ!

「三浦活魚」…。

♪♪~

あった!

♪♪~

あ こっちです。

こっちですよ

。えっ?

ホントだ

こっちです

町田まりあさんって

こちらに いらっしゃいますか?

ああ

 いけすにいるよ。

あっ

 ありがとうございます。

まりあ

それ終わったら上がっていいぞ。

町田まりあ) はい!

町田まりあさんですね?

(まりあ) はい。

横浜地検

 検事の竹村です。事務官の相原です。

おかあさんの

事件の担当をしています。

あなたのお話が聞きたくて

来ました。

まりあ) 私 あの家とは関係ありませんから。

1年前に家を出たんですよね?

どうしてですか?

ずっと嫌いだったんです

あの家が。

おとうさんとおかあさんは

どんなご夫婦だったんですか?

父は

 外面はいいけどその分 家族に当たるような人で→

よく母に暴力をふるってました

え?

(町田義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]こんな薄いコーヒー飲めるかよ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]すいません…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]おい![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C][外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ごめんなさい![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]何回言ったら分かんだよ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]今

 片付けますから…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C](義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]早くしろよ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

かれん)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]はい すいません![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

私は…

 そんな父が許せなかった。

でも母は…

まりあ)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]何で あんなお父さんと別れないの?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]おとうさんだって

 いつも怒ってるわけじゃないし→

それに

 私達のために お仕事頑張ってくれてるんだから[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

おかあさんは

 ずっと→

おとうさんの暴力に

耐えて来たんですね。

母は

 何も変える気がなかっただけです。

いつも

 ごまかして言ってました。

うちの家族は うまく行ってる」って。

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]うちは

 うまく行ってたんです[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

 そんな母にも我慢できなくなって…。

かれん)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]まりあ! まりあ 待って![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ちゃんと話そう![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(まりあ)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]今更 何を話すの?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]お母さん

 自分をごまかしてばっかりじゃん![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]大嫌い![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]まりあ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]まりあ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

それから1年間 母とは一切 連絡を取ってません。

おかあさん

仕事を探してたんです。

え?

スーパーの内定をもらって→

おとうさんと離婚して

家を出ようとしてたんです。

ウソ…

 母は そんなに勇気のある人じゃありません。

まりあさん

SNSやってますよね?

はい

greenさんという

フォロワーを ご存じですか?

いつも

 「いいね」とかコメントしてくれる人です。

それ…

 おかあさんです。

え?

(まりあ) そんなこと 一度も…。

まりあさんのこと

SNSで探して→

こっそり見てたんだと思います

かれんの声)「お仕事 頑張ってますね」。

かれんの声)「きれいな海 見てみたいな」。

かれんの声)「お誕生日おめでとう」。

おかあさんが

仕事を探し始めたのは→

半年くらい前からみたいです

きっと

 あなたが家を出て1人で頑張ってる姿を見て→

勇気をもらったんじゃ

ないでしょうか。

自分も このままじゃダメだ変わりたい」って→

そう思ったんじゃないでしょうか

かれんの声) 「きっと大丈夫!私もがんばらなくちゃ」。

お母さん…

事件のこと

 少しだけ見えて来たような気がします。

長い間

 夫の暴力に耐えて来た町田かれんは→

やっと夫と別れる決心をした

でも

 あの夜 そのことを夫に気付かれてしまった。

そして

 夫を殺さなければいけないほどの→

悲しい事件が起きた

彼女にとっては→

決して受け入れられないことだったんでしょうね。

そのことを

 彼女自身の口から→

語ってもらわなければいけません

そうですね

殺意を立証するためには

。そうじゃなくて…。

自分のしたことを認めなければ

前へ進めませんから。

まりあ) ≪検事さん!≫

まりあさん

あの…

 これ母に渡してもらえませんか?

まりあさんと会って来ました

どうして?

あの子は関係ありません!

あの子のことは

放っておいてください!

聞きました

ご主人から暴力を受けていたこと

全部

 話してもらえませんか?

これ

 まりあさんから預かって来ました。

読んでください

まりあの声) 「お母さん→

 すごくお母さんに会いたい」。

まりあの声)「でも すぐには行けないので→

手紙を書くね

 ニュースで事件を知ってから→

ずっと後悔してた

もし

 1年前私が家を飛び出さなかったら→

あのまま

お母さんと一緒にいたら→

こんなことには

ならなかったんじゃないかって。

ごめんね

」。

まりあの声)「私ね 仕事を見つけて→

一人で暮らすようになってから

お母さんの気持ちが→

少しだけ

 分かるようになった気がしてるんだ」。

まりあの声) 「自分の力で生きて行くのって 本当に大変。

もし子供がいたりしたら

もっと大変なんだろうなって。

お母さんは

 きっと→

私のために

 ずっとずっと我慢してくれてたんだよね。

そんなお母さんの気持ちに

全然 気付かないで→

ひどいこと言って

 出て行って本当に ごめんなさい」。

まりあの声)「お母さん 待ってるよ。

お母さんを

一人ぼっちになんかしないから。

罪を償って戻って来たら→

一緒に暮らそう。

ずっと待ってるからね

まりあ

」。

泣き声)

♪♪~

私… ずっと嫌われてると思ってました。

もう一生

 仲直りできない二度と会えないって。

ずっと

 娘さんのために生きて来たんですね。

私の両親は→

私が幼い頃 離婚して→

母は仕事が忙しくて

構ってもらえませんでした。

だから

 まりあには→

そんな寂しい思いは

させまいと思っていました。

だから

 ご主人から暴力を受けても離婚しなかったんですね。

どんな父親でも

両親がそろってるほうがいい。

そう思い込んでいました

でも→

1年前あの子が家を出て行ってから→

あの子のためにしていたことが→

実は あの子を傷つけていたんだって やっと気付きました。

なんてバカな母親なんだろうって

まりあは携帯電話も替えて→

どこにいるのかも分からなくなってしまって。

でも

 ある日→

やっとSNSを見つけて

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あ…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]まりあ…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(かれんの声) まりあはたった1人で頑張ってました。

その姿を見て

 私も→

あの子のせいにしてたら

いけないって。

自分も

 自分の人生をしっかり歩まなきゃって→

そう思いました

でも

 あの夜…。

夫に気付かれてしまったんです

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]何だ

 これは[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]どういうことだ[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]私 あなたと離婚したいと思ってます[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]は?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]何をバカなことを[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]お前みたいな女が 1人で生きて行けるわけがないだろう[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

かれん)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]もう仕事も見つけました![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]何?[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]フッ…

 これか[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]仕事なんて

 すぐに断れ[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]嫌です[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]かけろ![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]嫌です![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]かけないなら 俺がかけてやる[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]やめてください!

やめてください…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]おい![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(かれん)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]俺に逆らう気か![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]ぶざけやがって…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ~![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

(義之)[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]うっ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]この野郎…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]私

 決めたの!あなたといると…→

前に進めない![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ! あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…!

 あぁ… あぁ…[外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

[外:12A2C7156DA32FC972B5A451BB87B813]あぁ…

 あぁ… あぁ…![外:E67210B0DA0161D36B79E8C9BE6A9D0C]

♪♪~

検事さん。

 ウソをついていました。

殺すしかない

そう思って

 夫を殺しました。

申し訳ありませんでした

♪♪~

♪♪~

殺人罪か

支部長

自白したんだね?

はい。

被疑者は深く反省していますし→

殺害に至る事情も情状酌量の余地があると思います。

その点を考慮して

 懲役10年が妥当かと考えています。

難しい事件だったね

はい

 すごく悩みました。

うん

うん

これからも

どんどん悩んでください。

ね?

はい。

何?

 ちゃんと起訴できるっていうのに→

全然うれしくない顔だね

。はい。

自分か

 いかにダメダメか思い知らされて。

被疑者のこと

うわべでしか見てませんでした。

彼女が

 どんな悲しみを抱いてるか全然 分かってなくて…。

お前ごときに簡単に分かるか

難しいんだ

検事は

 ひとの心と向き合う仕事だからな。

はい

♪♪~

♪♪~

フフフ…

。かわいいですね。

相原さんのお嬢さんですか?

ええ まぁ…。えっ?

あぁ

 ホントかわいい!

美菜ちゃんっていうんだ

このaiさんっていうのは?

[外:C01D2BAFCE469DA1ABBB612FDB16C1E3]妻です。

えぇ…

別れた奥さんのSNSから→

お嬢さんの写真

チェックしてるんですか?

なかなか会えないんです!

向こうが再婚したんで。

あぁ…

 それじゃ寂しいですね。

いいんです

私は

 こうして娘の元気な姿が見られれば。

やっぱり離れていても

親子って つながってるんですね。

ん?

 親子…?

あっ!

 まだ事件が残ってた!

え?

お父さん!

温子

 もう1回 ちゃんと話しな。(温子) でも…。

思ってること

 ちゃんと言わないと伝わらないよ。

お父さん…

 本気だよ。

本気で

 この店継ぎたいって思ってる。

いいかげんな気持ちで

手伝ってたわけじゃ ない。

この仕事を→

自分の仕事としてやって行きたいって思ってる。

でもね

 温子…。キツい仕事なのも→

あまり儲からないのも

分かってる。

それでも

 やりたいの。

だって

 うちの豆腐 日本一だから。

だから…

お願いします!

♪♪~

俺の

 お前…→

指導は厳しいぞ

えっ?

お父さん…それって認めるってこと?

どっち!

あぁ…! よかった!

そうと決まれば

乾杯しましょ 乾杯!

よかったね

うん

竹村豆腐店

 4代目決定に→

カンパ~イ!

(温子:芳子:浩市) カンパ~イ!

あ~!

おいしい~!

2018/04/18(水) 22:00〜23:00

読売テレビ1

正義のセ#02[解][字][デ]

阿川佐和子原作、水曜ドラマに新ヒロイン誕生!まっすぐな新米検事が、不器用ながらもあきらめずに事件に向き合い、検事としても女性としても成長していくお仕事ドラマ!

詳細情報

出演者

吉高由里子

安田顕

三浦翔平

広瀬アリス

平埜生成

夙川アトム

大野拓朗

塚地武雅

宮崎美子

寺脇康文

生瀬勝久

【ゲスト】

財前直見

大澄賢也

石橋保

矢作穂香

番組内容

初めて殺人事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)は、大張り切り。しかし事務官の相原(安田顕)からは、「常に冷静に」と釘をさされる。被疑者は、夫の暴力から身を守る為、殺してしまったという主婦・町田かれん(財前直見)。初めは同情する凜々子だったが、その後かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていく――。

監督・演出

【演出】

南雲聖一

原作・脚本

【原作】

「正義のセ」シリーズ 阿川佐和子(角川文庫)

【脚本】

松田裕子

松本美弥子

音楽

得田真裕

【主題歌】

「失敗学」福山雅治(アミューズ/ユニバーサルJ)

制作

【プロデューサー】

加藤正俊

鈴木香織(AXON)

【制作協力】

AXON

【製作著作】

日本テレビ


Last update: 2018-05-06 10:05:55 UTC