未解決の女 警視庁文書捜査官/物語/2話

未解決の女 警視庁文書捜査官/物語/2話

情報

「文書」を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく爽快ミステリードラマ!体育会系の熱血刑事(波瑠)&頭脳派の文字フェチ刑事(鈴木京香)…最強凸凹コンビが誕生!

詳細情報
◇番組内容
大手IT企業の社長令嬢で中学生の幸田遥花が誘拐された。身代金は1億円!犯人が電話で父親・雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせた時、「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋(波瑠)だが…。
◇出演者
波瑠、沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、西銘駿、高田純次、光石研、遠藤憲一、鈴木京香
【ゲスト】高岡早紀、戸次重幸、畑芽育
◇原作
麻見和史『警視庁文書捜査官』(角川文庫/KADOKAWA刊)
◇脚本
大森美香
◇演出
田村直己(テレビ朝日)
◇音楽
村松崇継

【主題歌】平井堅『知らないんでしょ?』(アリオラジャパン)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英(テレビ朝日)
【プロデューサー】服部宣之(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu/
☆Twitter
 https://twitter.com/mikaiketsu2018
☆Instagram
 https://www.instagram.com/mikaiketsu2018/

『未解決の女 警視庁文書捜査官 #2』のキーワード出現数BEST10

芽以 33
遥花 27
電話 21
年前 20
自分 17
幸田 15
ボイスチェンジャー 14
犯人 14
捜査 13
身代金 11

『未解決の女 警視庁文書捜査官 #2』の番組内容&EPG情報の引用(ネタバレ注意!)

(館内アナウンス)「本日は ご来店
誠にありがとうございます」

(呼び出し音)

(坂下芽以)ママ ママ!
(坂下菜々美)うん?

見て。 「めい」!

わあ~ 上手 上手!
「めい」って芸術的だねえ。

あっ パパ?
今ね 芽以すごいんだよ。

「めい」って自分の名前書いたの。

(2人)ね~!

うん? ああ 今夜 ご飯
一緒に食べれるかなと思って。

うん。 ああ そっか。

〈この30分後…〉

♬~

芽以?

芽以?

芽以? 芽以!?

〈東京都世田谷区の
ショッピングモール5階で

3歳の女の子が

母親が目を離した
ほんの30秒の間に姿を消す〉

(菜々美)いえ だから
迷子じゃないんです。

消えたんです!
お金払ってる間に。

〈誘拐の可能性もあり

警察は 事故 事件 両面で

数カ月にわたって
捜索を行ったものの

手掛かりは つかめず〉

〈いつしか 捜査の歯車は
止まってしまった〉

〈その歯車が
再び動き出すのは…〉

〈それから12年
待たなければならない〉

(ボイスチェンジャーの声)
「子供を助けたいのなら

1億円を登山用のバッグに詰め
妻に持たせろ」

「場所は あとで指定する」

(幸田雅也)真紀は…
妻は長い事 入院中で

とてもじゃないが
そんな事をできる状態じゃない。

(ボイスチェンジャーの声)
「なら お前の秘書に持たせろ」

それも無理だ! 僕が…。

(ボイスチェンジャーの声)
「では 取引は不成立」

「この子供は…」

待って 切らないでくれ!

わかった…。 遥花は無事か?

(幸田)「無事なら
声を聞かせてくれ」

(靴音)

(幸田遥花)か… かもめ。

かもめ?

(電話が切れる音)
遥花?

遥花… 遥花!

もしもし? 遥花!

えっ 自分が 捜査本部に?
(財津喜延)そう。

(古賀清成)大手IT企業
Kアイティーラボ社長

幸田雅也さんの長女
幸田遥花ちゃん 15歳が

新宿区にある大学病院に入院中の

母親 幸田真紀さんの
お見舞いに向かう途中に

何者かにさらわれた。

ゆうべ
幸田さんの自宅に電話があって

身代金の要求があったようだ。

なるほど。 で 身代金は?

身代金はだな…。

っていうか 違うだろ!
納得いくか! こんな事。

おかしいでしょう? 特対には
刑事が山ほどいるのに

重大事件の特別招集に
この倉庫番が呼ばれるなんて!

なんですか?
聞くところによると

財津さん あなたが一課長に
直接働きかけたとか。

いや
向こうが言ってきたんですよ。

こっちは 人数が少ない上に
人員を減らされて

困ってるくらいなんで。 ねえ。
はい。

(ドアの開く音)

とにかく
ここの室長は僕なんです。

僕の頭越しに 妙な交渉をするのは
厳に慎んで頂きたい!

♬~

(財津)妙な交渉って
人聞き悪いなあ…。

ねえ。
フッ…。

あっ では 急ぎのようなので
早速行ってきます。

随分嬉しそうね。
いっそそのまま 上に戻れば?

なんですか? それ。
自分は 特対の代表として…。

だってホルス あなた
とっても仕事が遅いんだもの。

自分は 早寝早起き早飯には
自信があります。

こういう
整理が ちょっと苦手なだけです。

ここでは 早寝早起き早飯は
無価値なの。

む… 無価値…?

(財津)いや 本当は
招集されたのは君なんだ

鳴海くん。

えっ?
かもめ…。

(芽以)「か も め」

その言葉…。

12年前と同じだ。

♬~

かもめ?

〈凶悪事件の時効廃止に伴い
つくられた

警視庁 特命捜査対策室
その6係〉

〈文字から真実を暴く刑事たちが
未解決事件に挑む〉

かもめ… かもめ?

(川奈部孝史)
昨日 犯人から電話があり

身代金を要求。

身代金の受け渡しは 今日の5時。

武蔵野市吉祥寺のファミレスだ。

幸田氏は すでに
1億円の現金を用意してる。

幸田氏には
3人の女性秘書がいます。

秘書 3人もかよ…。
いい職業だな おい。

しかし その3人に
行かせるわけにはいくまい。

はい! 自分が行きます。

いえ 私が!

悪いがお前ら… いや 君たちは
立派すぎて秘書には見えない。

秘書は そろって細身で美人だ!

(桑部)細身で美人が3人って…。

しかも 元女優だか元モデルだかの
女房もいるくせに…。

しかし このお嬢様も美人ですね。

矢代!

はい。

♬~

ほう 悪くないじゃないかよ。

(岡部)そうですか?
就職活動の大学生みたいだ。

(関 友加里)フフフ…。

あっ 店員が来ました。

(靴音)

お客様にお電話ですが…。

えっ? 自分… いや…
私にですか?

はい。

(店員)こちらです。

もしもし。

(ボイスチェンジャーの声)
「電話の下に携帯が置いてある」

(ボイスチェンジャーの声)
「その電話を持って店を出ろ」

「そこから 三鷹台の
喫茶 花に移動しろ」

えっ? 喫茶 花?

(ボイスチェンジャーの声)「車は使うな」

「全力で走れば 10分で着く」

「10分後に店で鳴る電話に
お前が出なかったら

娘の命は保証しない」
(電話が切れる音)

店内の防犯カメラの映像分析!
急げ! はい!

(桑部)何やってんだ? あいつ。
(川奈部)追うぞ。

(荒い息)

(電話)

もしもし!

(ボイスチェンジャーの声)
「次は久我山のカフェアモーレだ」

(電話が切れる音)

(ボイスチェンジャーの声)
「西荻窪 中華四川だ」

(ボイスチェンジャーの声)
「井荻のそば屋つるた」

(ボイスチェンジャーの声)「石神井の石神橋」

(荒い息)

1億 重すぎ…。

(携帯電話の振動音)

(ボイスチェンジャーの声)
「橋の中央まで来たら

このスマホとバッグを川に落とせ」

「バッグの発信機を外すのを
忘れるな」

は… はい?
は… 発信機なんて…。

(ボイスチェンジャーの声)
「下手な芝居はやめろ」

「お前が警官だって事は
わかってる」

「幸田の秘書の一人は心臓に持病
一人はぜんそく持ち」

「もう一人も拒食症で

誰も お前みたいに
走る事はできないってよ」

あ… そんな事は…。

(ボイスチェンジャーの声)
「これ以上 嘘をつくなら

今すぐ娘を殺す」
(電話が切れる音)

♬~

(発信機の音)

♬~

(ため息)

♬~

(ため息)

あの橋から8キロの下流地点か…。

(岡部)桑部さん! これ。

(桑部)
犯人は ここで一服しながら

1億が どんぶら流れてくるのを
待ってたって事か。

特殊犯に知らせてこい。
はい。

あれ 矢代は…?

ハハハハ ハハハハ…!

たった…
たった1日で解任って…!

どんだけ役立たずなんだよ。

しかも 身代金も誘拐犯に渡って

人質は解放されないどころか
手掛かり皆無って…。

最悪だな お前。

まさか 古賀室長
あんな嫌みを言うためだけに

わざわざ あの長い階段
下りてきたんでしょうか。

さあ?
…で?

魔女 どこだ?

なんすか? その目は。

俺は後輩ですけど 室長だぞ。

(ドアの開く音)

誰が魔女よ。

あら もう帰ってきてたの?
おかえり。

ただいま…。
おい。

身代金を要求してきた時の

犯人と幸田さんとの
電話のやり取りを

文字に起こしたものだ。

この会話から
犯人に繋がる手掛かりを見つけろ。

へっ!?
(財津)おお!

わが6係に
文書捜査の依頼でしたか。

一課長からの指示ですよ。

一応 念のための捜査です。

見つけられるもんなら
見つけてみろ。

(ドアの開閉音)

わあ… あれって
ものすごーく遠回しですけど

鳴海先輩に期待してるって事じゃ
ないんですか?

あなたの脳って
どこまで前向きなの?

あれ?
草加くん…。

あの…
ずっと気になってたんですが

自分にも教えて頂けませんか?

12年前の「かもめ」の秘密を。

うーん… うん…。

この誘拐事件は
ある事件と奇妙な共通点がある。

(芽以)ママ おなかすいた。

(草加の声)12年前

母親とショッピングモールに
来ていた女の子が

こつぜんと姿を消した。

ハンバーグ!
(菜々美)ハンバーグ?

(草加の声)母親が目を離したのは

レジで支払いをしていた
30秒間だけ。

警察と消防が 事件と事故の
両面で捜索をしたが…。

(電話)

(草加の声)失踪から1週間後

母親である坂下菜々美の元に
突然 無言電話が入った。

誰なの?

なんとか言って!

(芽以)「あっ ママだ」

芽以…。

芽以なの?

芽以!

そこにいるの?

(芽以)「ママ ママ。
いつ お迎え来るの?」

今 行くよ。

今 行くから!

どこにいるの?

(菜々美)切らないで!

そこから何が見える?

芽以…。

お願い なんとか言って!

(芽以)「か も め」

(電話が切れる音)
ああ…!

(坂下賢治)
本当に芽以だったのか?

(草加の声)かかってきた電話は
その一度だけ。

その場所から
かもめが見えた可能性があると

捜査陣は
近郊の海岸沿いの建物を

しらみ潰しに捜索したが
発見されず

生死も不明のまま
現在に至ってる。

いい声でありがとうございます。

それで 「かもめ」は…。

そう。 今回の幸田遥花と同じだ。

12年前の当時 鳴海くんは
特殊犯にいて

その捜査チームの
一員だったんだよ。

怨恨による犯行の
可能性もあると考え

鳴海くんも
被害者の両親を捜査した。

芽以ちゃんを救うためなんですよ。

(財津の声)
その結果 父親の坂下賢治が

風俗関係の女性と
浮気をしていた事を

突き止めたんだ。

浮気!?
それじゃあ その浮気相手が…。

浮気相手の女性は 完全にシロ。

しかし
その捜査がきっかけになって

被害者の夫婦は離婚した。

犯人の手掛かりもなく
夫の裏切りを知ってしまい

奥さんの
精神的ダメージは計り知れない。

元々は
明るい女性だったらしいけどね。

怪しい大学生がいます。
隣町の公園で…。

(職員)困ります!

(菜々美)ちょっと…!
きっと あの中年男よ。

きっと食べ物か何かで
つったのよ!

私はね 虫歯になるからって

一度だって あんこも
食べさせた事ないのよ!

その方は すでに調べましたが
当日もアリバイがあり

芽以ちゃんの事件とは無関係です。

本当に?

本当に
ちゃんと調べたんでしょうね?

もちろんです。

こちらも 責任持って
捜査しておりますので

奥様も どうぞ冷静になって…。

あんたら警察が無能だから 私が
こうやって動いてんでしょうが!

(川奈部)まあ まあ まあ…。
あの 落ち着いてください。

我々も
四方八方 手を尽くしております。

あんた 独身でしょ?

…はい。

でしょうね。

だから そんなすました顔して
他人事みたいにしてられるのよ。

人でなし。

一生 一人で生きろ。
バーカ!

♬~

(朋の声)そんな事が…。

あっ…。

人間が苦手なの。

まあ 鳴海くんの事はともかく
12年前の誘拐事件で

被害者が「かもめ」という言葉を
残したという事実は

警察と被害者の両親しか
知らないはずなんだ。

なら 両親を調べれば
何か出てくるか…。

えっ 捜査ですか?
自分も行きます!

いや 困るよ。
みんな出払っちゃったら

今週中に整理しなきゃならない
このたくさんの書類どうするのよ。

参ったな…。

もし ランチのあとのお散歩が
長引くようだったら

ほどほどにね。

はい。

あっ 待ってください!

いってきます。

あっ… 草加さん!

(財津)矢代くんの話じゃ

犯人は電話で
秘書の持病の事まで知っていた。

どうして そんな事まで
知る事ができたのか…。

♬~(レコード)

♬~

(夫)今日 誰か来るの?
(妻)言ったじゃない。

(営業担当)
本日は見学会 よろしくお願いいたします。

あれ? ナオキ?
(ナオキ)タカちゃん!

(ナオキの妻)わぁ~ 天井 高~い。

《なぜ お前がここに…。
お前は ここに来てはいけないはずだ…》

稼ぐようになると
みんな 広い家 住むじゃない?

あれ 嫌だなぁ。
いいじゃん 家の広さなんか どうだって。

天井が高いと 広く感じるなぁ。

<その家は 「xevoΣ」>

<見学会は 12 13>

いい家だな…。

すいません。

12年前の娘さんの事件について
お聞きしたい事が…。

警察には何も期待していません。
関わりたくもありません。

どうぞ お引き取りください。

(朋の声)駄目でした。

清掃作業の派遣会社に
勤めている事までは

わかったんですが。

で 父親のほうは どう?
(草加)父親は2年前に再婚。

「かもめ」という言葉を
口外した事は一度もなく

今回の事件に関しても
何も心当たりはないと。

あっ 鳴海先輩の分析のほうは…?

私も あなたを待ってたの。
珍しく相思相愛ね。

えっ 自分をですか?

書き出して。
犯人との電話での会話を全部。

あっ やっぱり

あなたの字は読みにくくて
文字の声が聞こえにくいかも。

草加さん 書き取ってくださる?

ああ。

一人は心臓に持病
一人はぜんそく持ち。

もう一人も 拒食症で

誰も お前みたいに
走る事はできないってよ。

「つてよ」? 「つてよ」って

『桐島、部活やめるってよ』みたいな
「つてよ」の事?

多分 そう…。

しかし きれいな字ですね。

何よ 多分って。 ちゃんと
細かく聞いておきなさいよ!

はい?
自分は自分なりに

刑事として細心の注意を持って
聞いていたつもりです。

これ以上の精密さを求めるのは
先輩が文字フェチすぎるのでは?

誰が文字フェチですって?

まあまあ…。 おい 次。
あっ すいません。

で 自分は
バレた しまったと思って

極めて秘書っぽく…。

あっ そんな事は…。

そしたら 向こうが間髪入れずに

「これ以上 嘘をつくなら
今すぐ 娘を殺す」…。

「娘」? 本当に「娘」って言った?
はい?

犯人は 今まで
父親とのやりとりの間に

人質を一度も
「娘」とは言っていない。

全て
「子供」や「この子」と呼んでいる。

本当に「娘」って呼んだの?
ああ…。

(ボイスチェンジャーの声)
「これ以上 嘘をつくなら

今すぐ 娘を殺す」

言ってた…。
確かに言ってました 「娘」って。

♬~

この写真撮られたの 多分 夏。

でも 彼女だけ
長袖のブラウス着てる。

どうして?
さあ…。

寒がりだから
とかじゃないですか?

もしくは この辺りに

人には決して見られたくない
アザか何かがあったとか。

まさか そんな…。

いえ… そんな事…。

あれ? 鳴海くん どうしたの?

係長…。

私… 今
何か見えてきそうなんです。

もしかして…
真実のかけら ですね。

ああ… でも 今は これ以上は…。

もったいない!

行きますよ!
えっ? 行くって どこへ?

どこって
捜査に決まってるじゃないですか。

言いましたよね?
自分は こういう

書類の処理は遅いんですけど
行動は早いんです!

言った? 確か 早いのは
寝る 起きる 食べる。

もう 細かい事はいいですから!
あとの書類よろしくお願いします。

えっ これ 全部 俺たちが?
嫌よ 私 行かない!

ちょっと ホルス!
やだ この子 すごい力!

はあ… びっくりした…。

先輩! もう 早く行かないと。

嫌よ。 花粉が飛んでる。
それに紫外線も。

はい 行きますよ。

失礼します。

(川奈部)矢代!

なんですか?
あなた 確か 身代金を…。

先日は 失礼致しました。

12年前に起こった女児誘拐事件を
捜査しにきました。

12年前? そんな事どうでもいい。
早く遥花を見つけてくださいよ!

先輩! この写真…。

え…?

何してるんですか?

文字の神様が下りてきたわ。

はい? 神様?

(桑部)何 こそこそしてんだよ!
俺らの邪魔する気か!

そうだよ 矢代
幸田さんにも ご迷惑だろう。

いやいや…。

幸田さん。 幸田さんは13年前

このマンションが建てられた
当初から ここに住んでますね?

ええ。 それがなんですか?

これは
あなたと犯人の電話の記録です。

「子供は無事だ」。

「子供を助けたいのなら

1億円を登山用のバッグに詰め
妻に持たせろ」。

「では 取引は不成立。
この子供は…」。

わかりますか?
犯人は あなたの前で一度も

遥花さんを
あなたの娘と呼んでいません。

だから それが
どうしたっていうんだ?

それは…。
犯人は知っていたからです。

遥花さんが
あなたの娘でない事を。

(桑部)はっ? 娘じゃない?

そう。 だから 犯人は

どうしても 「娘」という言葉を
あなたに言いたくなかった。

違いますか?

「違いますか?」って なんですか?
それ 失礼でしょ!

12年前の4月14日15時
ここには

1週間前 ショッピングモールで
誘拐された女の子がいた。

12年前?

いたのは 多分 ここ。 この辺り。

ここで 芽以ちゃんは
電話の向こうの母親から

そこから何が見えるの?
と言われて

あの看板を見た。

ん? 「久留米かすり 和もめん」。

いえ… 彼女が読めたのは

自分の名前に含まれている
平仮名だけ。

つまり 「か」と「も」と「め」。

かもめ!

よく見つけましたね。
さすが 文字フェチ。

でも どうせ 頭の固い連中から

当てずっぽうとか こじつけとか
言われるに決まってるわ。

アホか! こんなの
ただのこじつけだろうが!

ほら きた。

確かに こじつけに
聞こえるかもしれません。

しかし
これ 12年前の捜査資料です。

ここに 坂下芽以ちゃんの
身体的特徴が記してあります。

ご両親の証言によれば
芽以ちゃんは 左の二の腕に

ハートの形をした
ほくろがあったと。

今回さらわれた
幸田遥花さんですが

いつも 長袖を着ています。

学校に問い合わせたところ

お母様の要望で
夏服のブラウスは1着も購入せず

一年中 長袖を着ていたと。

(川奈部)確かに 半袖はないな。

(桑部)いや ありますよ これ。
これだけ… ほら。

(川奈部)あっ…。

海外では
少々油断をしたようですね。

あなたが 娘として育てていた
幸田遥花さんは

12年前にさらわれた
坂下芽以ちゃんだった。

誘拐した人物は それを知っていて
彼女に再び「かもめ」と言わせた。

あなたに
その罪を思い出させるために…。

幸田さん これは どういう…。

何 黙ってるの?

落ち込んでる場合ですか?

身代金を払ったのに
遥花さんは戻ってきていない。

このままでは 彼女の生存確率は
どんどん下がっていく。

早く 本当の事を話してください。

手遅れになってもいいんですか?

あの電話は… あの電話は…!

あの子の親に
あの子は無事だと知らせたくて

僕がかけました。

12年前 あんな事故がなければ
こんな事にはならなかった。

(幸田真紀)ねえ あなた…。
うん?

遥花の様子が変なんだけど。
えっ?

遥花?

遥花。 おい 遥花…。

(幸田の声)遥花は

私の友人の医師が勤める病院に
救急搬送されました。

しかし すでに亡くなっていた…。

(榊原)残念です。

(幸田の声)
乳幼児突然死症候群だそうです。

あまりに突然の事で

僕は どうしていいか
わからなかった。

妻は 自分のせいだと
自分を責め…。

その2日後です。

(ドアの開く音)

(幸田の声)妻が

遥花と同い年ぐらいの
女の子を抱いて 帰ってきました。

(幸田)その子 どうしたんだ?

その子を返すように説得しました。

でも 妻の耳には届かなかった。

僕は 妻から あの子を
取り上げる事ができなかった。

で 坂下芽以ちゃんを
遥花さんにしてしまったと。

医者の友人に

遥花の死を伏せるように
頼み込みました。

芽以さんを東京から遠ざけるため

妻と山梨の別荘に住まわせました。

(川奈部)
それで見つからなかったんだ…。

頼みます。

真紀は… 入院中の妻は

肺の病気で
余命いくばくもありません。

罪は全部 僕が負います。

だから 遥花が…
いや 坂下芽以さんが

無事に ここに戻るまで
待ってください。

お願いします。

お願いします! お願いします!

(桑部)なんてこった…。
(川奈部)本部に連絡だ。

♬~

3歳の時にさらわれた
坂下芽以は…。

ネクタイ曲がってるよ。
ネクタイあんまりしないからな。

似合ってるよ。 ねっ?

(朋の声)幸田遥花として生き
12年間を過ごした。

そして…。

15歳になった今 再び誘拐された…
という事か。

でも どうして 12年前

遥花ちゃん…
いえ 芽以ちゃんは

近くにあるものや
見えたものの名前ではなく

わざわざ
看板の文字を読んだんでしょう?

お前が心配する必要はない。

誘拐は捜査本部

12年前の坂下芽以ちゃんの件は
我々 上の仕事だ。

お前は 下で おとなしく待ってろ。

(庄野 仁)幸田の友人の医師
榊原の事がわかりました。

えっ 上でも調べてたんですか?
当たり前だ。

で どうだった?

はい。 榊原は捜査の結果

最近 仮想通貨の取引で
大きな損失をしています。

しかも 誘拐当日のアリバイも
ありません。

なるほど…。

よし。 榊原を誘拐事件の
重要参考人として取り調べるよう

私から 一課長に話してこよう。

えっ… いや でも それって
手柄の横取りじゃないですか。

せっかく
鳴海先輩が捜査したのに。

そうだよ。

近頃 魔女が
魔女のくせに捜査しすぎるからさ。

♬~

ふん…! ふん…!

古賀室長め…。

いつか 全国警察柔道大会で
締め上げてやる。

ふん…!

あっ 草加さん!
いつから見てたんすか?

科捜研からの
誘拐犯の音声解析の結果だ。

えっ…。

犯人の電話の声は 女!?

やっぱりね。

でも きっと
あなたの話した相手は男。

えっ?

幸田の話した相手と
あなたの話した相手とでは

明らかに
言葉の使い方が違ってた。

「娘」という言葉を使ったのも
あなたと話した相手だけ。

確かに。

じゃあ 犯人は男女2人?

誘拐犯の被疑者をあぶり出した。

それって もしかして
幸田の友達の榊原って医者?

(岡部)榊原は 捜査の結果

誘拐当日にアリバイがあったと
古賀さんから報告があった。

なかなか 口を割らないって
怪しんでいたら

地下アイドルのライブに
行っていたらしい。

なるほど。 じゃあ
岡部くんが見つけた被疑者って?

お前が投げた身代金のバッグの
発見地点に

橋から投げ捨てられたと思われる
ゴミが

大量に流れ着いて たまってた。

そしたら 川を管理してる自治体が
定期的に

清掃業者に ゴミの清掃を
依頼していた事がわかったんだ。

なるほど。 清掃の請負業者なら

ゴミが流れ着く事を知っていても
不思議じゃないと。

そう。 清掃業者では
ちょうど ひと月前に

この内藤茂という男が
急に退職している。

内藤は ギャンブル好きで
多額の借金があったらしい。

あっ… これ。

「坂下菜々美」

坂下芽以ちゃんの母親だ!

(パトカーのサイレン)

♬~

(ノック)
坂下さん! 坂下さん!

♬~

(物音)

♬~

(内藤 茂)うっ うっ…!

はあ… 助けてくれ! 痛えよ…!

聞く事 聞いたら
助けてやるよ。

救急車。
はい!

(内藤)はあ… うっ…。

(川奈部)この金は 身代金だな?

お前を刺したのは 誰だ?

俺が悪いんじゃない…。
全部 あの女が言い出したんだ!

あの女…?

勤め先に いいカモがいるって。

計画どおり 金が手に入ったら
ガキは始末するはずだったのに

まだ 殺してねえのかって言ったら
突然 俺を刺して逃げやがった!

(遥花)どうして殺さなかったの?

仲間が
殺せって言ってたんでしょ?

水…。

あなた…
私が知ってる人に声が似てる。

(遥花)お願いだから

私を お母さんと
お父さんの所に帰してください。

お願いだから 帰してください!

鳴海先輩!

捜査本部が これ…!

「この手紙を読んでいる時…」

(菜々美の声)「十二年間 私の娘を
探し出すことができなかった

あなたたち警察も

ようやく
すべて 分かったことでしょう」

「この子が
私の娘だと分かったのは半年前」

「ある私立中学に

清掃員として
派遣されたときのこと」

「一人の生徒の二の腕に

見たことのある ほくろを
みつけたときのことでした」

(菜々美)あの…。
(遥花)えっ?

そのハート形のほくろ…。

ああ… 父や母には

タトゥーみたいだから
隠しなさいって

すごく怒られるんです。

(菜々美の声)「その言葉で
私は確信しました」

「この子は
私の娘 芽以なのだと…」

かわいい。
そうですか?

(菜々美の声)「私は 少しずつ
娘と話をするようになりました」

「芽以は いろんなことを
話してくれました」

お父さん
この学校の卒業生で…。

(菜々美の声)「彼女が
父親だと思っている男のこと」

お母さんも 美人で…。

(菜々美の声)
「母親だと思っている女のこと…」

私も お母さんみたいになりたいな
って思ってるの。

(菜々美の声)「私は 幸せでした」

「でも やがて 私は…」

(遥花)おなかすいたな。

(菜々美の声)「この幸せを
十二年ものあいだ 奪い続けた

幸田夫妻への復讐を
考えるようになりました」

「私が考えた 彼らへの復讐
それは…」

「私と同じ苦しみを
味合わせてやることでした」

(菜々美の声)「誘拐した芽以に
“かもめ"と言わせたのは

幸田夫妻の罪を調べさせ

偽りの親子関係を暴き
娘を取り戻すため」

「でも やめました」

「私は もう
この子の母親にはなれない」

「私と娘をこんな風に引き裂いた
彼らを 私は 決して許さない」

「もう 芽以は 誰にも渡さない」
って…。

これ 遺書ですよね。

娘と心中する気ね。

2人は 今 どこでしょう?

娘を連れていたら
遠くへは行けない。

人目も避けるはず…。

…そうだ!

(岡部)廃工場?
そう。

坂下菜々美の勤めていた
清掃業者に問い合わせて

過去の勤務地を洗ってみたら

取り壊しが決まって
閉鎖されてる工場があったの。

説明いいから 急げよ。
(岡部)はい。

あっ!

♬~

(川奈部)待て!
そんな事して なんになる?

(菜々美)あの子さえ
帰ってきてくれれば…

この子を取り戻せれば

何もかも よくなると思ってた。

でも 12年よ…?

こんな事をしたって…
何も変わらない!

(菜々美)もう
生きている意味もない。

でも
ずっと 一人で生きてきたのよ。

一人で死にたくない…。

幸田遥花の両親に
逮捕状が出てる!

(岡部)このまま 何も知らない
娘さんを殺す気ですか!

(菜々美)この子は
もう 私の娘じゃない。

あの… あれ ありました!

「かもめ」!

あの日 芽以ちゃんがいた場所から
見えた景色の中に

あったんです 「かもめ」の文字が。

窓外に見える看板に
平仮名で 「かもめ」って。

看板?

ずっと 不思議だったんです。

なんで
近くにあるものの名前ではなく

わざわざ 外にある看板の字を
読み上げたんだろうって。

でも あれを見て…

現場に残された
芽以ちゃんの字を見て

字の声が聞こえました。

芽以ちゃんは きっと お母さんに

褒めてもらいたかったんじゃ
ないでしょうか。

字が書けたり

読めたりするようになっていた
芽以ちゃんは

きっと
「よく読めたね すごいね」って

お母さんに褒めてもらいたくて

それで 一生懸命

窓の外にある字を
読んだんじゃないでしょうか。

「か も め」

そんな彼女に…

それからも きっと いろんな事を
ずっと頑張ってきた彼女に

あなたは お母さんとして

まだ なんにも 言ってあげて
ないんじゃないですか?

もう一度 思い出してください。

ここにいるのは
幸田遥花さんではありません。

坂下芽以ちゃんなんです!

♬~

(芽以)ママ ママ! 見て 「めい」。

(菜々美)わあ~ 上手 上手!

(菜々美)「めい」って。
(2人)ね~!

♬~

お母さん…?

(遥花)お母さん!
お母さん 助けて!

お母さん 助けて!

(遥花)お母さん! 助けて!

♬~

あなたは…。

芽以…!

(菜々美)芽以…。

(菜々美)芽以…。

(川奈部)坂下菜々美。

殺人未遂の現行犯で逮捕する。

♬~

♬~

(遥花の声)一度だけ 変だなって
思った事があったんです。

うちの学校 お菓子持ってくの
駄目なんですけど

こっそり 塾で食べようって
大福餅 持ってったら

おばさんに見つかっちゃって…。

そしたら…。

あんこ好きなの? 虫歯 大丈夫?

えっ…?

今日は 内緒にしといてあげる。

でも 学校に持ってきちゃ駄目よ。
はい。

(遥花の声)なんで そんな事
気にするんだろうって…。

だって 普通は言いませんよね。

お掃除のおばさんが
「虫歯はどう?」なんて。

お母さん あなたが
虫歯になったらいけないからって

3歳まで 一度も
あんこを食べさせなかったそうよ。

えっ…?

いいお母さんだわ。
子供思いの 優しい…。

♬~

今回 港区で発生していた
女子中学生誘拐事件及び

12年前に発生した
坂下芽以ちゃん誘拐事件

こちらの2つを

我々 警視庁 特命捜査対策室が
真相を究明

解決した事を
ここにご報告致します。

「私が 室長を務めます
いわゆる この特対は…」

フンッ。 腹黒…。

あの… なんで来たんですか?

えっ?

いや… あの時 現場に。
現場 嫌いなんでしたよね?

あの母親に
ひと言 言いたかったのよ。

12年前に解決できなくて
ごめんなさいって。

ふ~ん…。

あの 自分は 思ったんですけど
鳴海先輩って 実は

ものすご~く熱い刑事
なんじゃないですか?

はあ!? バッカじゃないの?

暑苦しいのは そっちでしょ。

誰? こんな子
うちの係に入れたの。

バ… なんですか それ!

ちょ… ちょっと
待ってくださいよ!

イタッ…。 ふう…。

こんなにも あなたを思っていても
口に出す事はできない。

これほどの燃ゆる思いを
あなたは知らない。

教授がストーカー?
(舞阪佳織)私 待ちます。

(塚本秀平)5年前の事は
全て話したはずだ。

私を疑ってるのか!?
簡単なテストですので

お願いします。
やましい事がないのであれば…。


Last update: 2018-05-18 06:04:59 UTC