名探偵コナン/テレビドラマ/工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)〜/単語と感想

名探偵コナン/テレビドラマ/工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)〜/単語と感想

演小兰的黑川智花好丑。

小栗旬当时(2006年)24岁,还算年轻啊。看多了他后来演的大叔片印象完全不符合。

単語

添乗員(てんじょういん):旅行会社のパッケージツアーや団体旅行に同行し、計画に従ってツアーが安全かつ円滑に施行されるように交通機関や各種施設との調整や対応を行って行程を管理するとともに、ツアー客に対する説明や窓口役となる業務を行う者を指す。

舵(かじ):舵を取る
砦(とりで)
通気口(つうきこう)


雑学:カチューシャ

剧中把园子的发箍称作 “カチューシャ”。

カチューシャ:髪飾り(かみかざり)、髪留め(かみどめ)の一種。ヘアバンド(和製英語 head band)。英語ではアリスバンド"Alice band"。素材はプラスチック・金属・布製(ぬのせい)など。狭義(きょうぎ)では硬質(こうしつ)の"C"型のものを指し、軟質(なんしつ)のものはC状だと外れてしまうのでゴムで繋がってリング状になっており、カチュームと呼び分けることもある。

“カチューシャ”(ロシア語:Катюша)というのはそもそもひとつのロシア語女性名の愛称です。正式には“エカテリーナ(Екатерина)”、語源はギリシャ名の"Aikaterine"(アイカテリネ)からきていて、語意は「純粋」です。また、聖女名の"Catherina"(カタリナ)の意味も合わさっているそうです。

大正時代、東京芸術座(当時は帝国劇場?)で、日本でも有名なロシアの作家、トルストイの小説、『復活』が島村抱月演出の劇として上演されていました。当時の芸術座の看板女優は松井須磨子という人で、彼女が「復活」のヒロイン「カチューシャ」を演じるときにつけていた髪留めが当時の女性の間で大評判になり、その種の髪留めを以後“カチューシャ”と呼ぶようになったのです。ちなみに、劇中歌の「カチューシャの唄」も流行した。そんなわけで“カチューシャ”は日本で一番知られている「ロシア人名」です。

カチューシャ(俄语: Катюша)即卡秋莎,原意是俄语中女性人名“Екатерина”(叶卡捷琳娜)的爱称;其语源是古希腊语"Aikaterine",意为“纯洁”和“真诚”。

日本在大正时代上演过一部由托尔斯泰小说“复活”改编的同名人气戏剧,剧中由松井須磨子饰演的女主角「カチューシャ」所使用的发箍因此流行起来。所以后来日本人把这种发箍叫做“カチューシャ”。

另外,戏剧『復活』中松井須磨子唱的剧中歌「カチューシャの唄」也广为流行。该剧第一次演出是在1914年(大正3年)年3月26日。所以后来日本人把3月26日又称为“カチューシャの唄の日”。

AKB48的21单「Everyday、カチューシャ」歌曲主题就是讲一个戴着"カチューシャ"发箍女孩的爱情故事。歌词里这样写道:

カチューシャ 外しながら
君がふいに振り返って
風の中で微笑むだけで
なぜか何も言えなくなるよ
こんな想っているのに・・・
カチューシャ 外しながら
長い髪をほどくように
いつのまにか大人になって
僕の手には届かないくらい
もっと 好きになるよ
Everyday, Everyday, Everyday
カチューシャガール



Last update: 2018-05-05 05:29:48 UTC