ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~/物語/6話「運命の緊急手術!!この命を守れ」

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~/物語/6話「運命の緊急手術!!この命を守れ」

単語と感想

がらくた
不值钱的东西bù zhíqián de dōngxi,没用的零碎méiyòng de língsuì东西,破烂儿pòlànr.
▲ 物置の〜をかたづける/整理仓房cāngfáng里的破烂儿.
▲ こんな物は〜同然だ/这种东西简直不值一文.
▲ 〜市/破烂市.

にくしゅ【肉腫】
〈医〉肉瘤ròuliú.

たいまつ【松明】
火把huǒbǎ,火炬huǒjù.
▲ 〜をともす/点火把.
▲ 〜行列/火把游行(队伍).


IVR:インターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)の略です。日本語訳として一般的に「放射線診断技術の治療的応用」という言葉が用いられますが,「血管内治療」,「血管内手術」,「低侵襲治療」,「画像支援治療」もほぼ同義語として使われています。エックス線透視や超音波像,CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法です。

IVRは手術を必要としないため,身体にあたえる負担が少なく,病気の場所だけを正確に治療でき,入院期間も短縮できるなど優れた特徴を持っています。がんの治療に広く応用され,その他に緊急状態(大出血など)からの救命や,血管などの閉塞や動脈瘤に対する治療にも有効な方法です。



Last update: 2019-05-14 04:42:11 UTC