ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 2 単語と感想

ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 2 単語と感想

第1夜 帰ってきた干物女

嵐山のドキュン子:、正確には嵐山水族館にいるドキュン子(アザラシ(海豹))だ

仕事オンリー, only

第2夜 節約したい干物女

世知辛い世の中

世知辛い(せちがらい)【意味】 世知辛いとは、世渡りがしにくい。暮らしにくい。勘定高くて抜け目がない。せこい。世智辛い。

【世知辛いの語源・由来】
世知辛いの「世知」は、本来仏教用語で「世俗の知恵」を意味し、日本では「世渡りの才」も表すようになり、さらに「勘定高い」「せこい」といった意味でも用いられるようになった言葉である。
世知辛いの「辛い」は「世知」を強めたものであるが、「世渡りの才」に対して「辛い」で「世渡りがしにくい」という意味になったのではない。
「勘定高い」という意味の「世知」を強めた「辛い」で、世知辛いの本来の意味は「勘定高くて抜け目がない」である。
「暮らしにくい」「世渡りがしにくい」という意味は、「世知辛い人(勘定高い人)が多い世の中は暮らしにくい」という意味から派生した用法である。
世知辛いの語源には、本来は「切辛い」と表記し、「物事が切迫していて、容易に乗り切れない」といった意味からという説もあるが、「世知」の意味や用法の変化が明らかなのでこの説は考え難い。

イベリコ豚(イベリコぶた、スペイン語:Cerdo Ibérico イベリア豚の意)は、食用に飼育される豚のひとつである。

第3夜 ガマンしないと結婚できない!

片目を瞑る(つむる)

(日本の詩人)三浦綾子『片目をつむるというのは、見て見ないふりじゃなく、つむっている片目では、自分の心の姿も見るといいのね。』

ゴーヤー:冲绳人称呼苦瓜的名词. 熱帯アジア原産のツル性のウリ科植物のこと。なんといっても沖縄野菜の代表格。ビタミンCが豊富なことから、沖縄では夏バテ解消に利用される代表的な野菜のひとつです。高温多湿の気温に適しているため、沖縄では昔からよく栽培されていました。

若かりし頃(わかかりしころ)ある者のかつて、現在の年齢に達しておらず、まだ若かった頃、若手時代。

猫のダニ:ダニ:扁虱

第4夜 干物女のラブラブメール

しょっぱいとは、「塩辛い」「情けない・恥ずかしい」「けちな」「嫌な」を意味する方言。

がっくし貯金。がっくし:「がっくり」「がっくり」に同じ。落胆などから脱力するさま。脱力して体が折れ曲がるさま。

第5夜 干物女の主婦力

ビバ:イタリア語でバンザイですね。「viva」

煮干し(にぼし):煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもので、主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられている。

しらす:「しらす」 は、主にイワシ類の稚仔魚 (子供) の総称です。 イワシ類には 「マイワシ・カタクチイワシ・ウルメイワシ」 などがあります。 マイワシのしらすは、主に3月下旬から春先にかけて獲れます。

宴会芸(えんかいげい)

第6夜 結婚白紙!? ほっとく大作戦

おはぎ: ぼたもち(牡丹餅)とは、もち米とうるち米を混ぜたものを(または単にもち米を)蒸すあるいは炊き、米粒が残る程度に軽く搗いて丸めたものに餡をまぶした食べ物である。米を半分潰すことから「はんごろし」と呼ばれることもある。同様の食べ物に「おはぎ」(御萩)あるいは「はぎのもち」(萩の餅)と呼ばれる食べ物があるが「ぼたもち」との関係については諸説ある。

在庫処分市:ざいこしょぶんいち

第7夜 干物女 秘密のドキドキ

右前(みぎまえ): 服の着方の様式の一つ。向かって右の襟が手前になる合わせ方。和服においては男女共通の着方であり、生者ならば必ず右前でないとならないという決まりがある。

对着镜子看到的和服穿着方向与实际是相反的, 即右前对着镜子里看反而是左前

第8夜 干物女の両家顔合せ

結納(ゆいのう)、顔合わせ、日本结婚过程习俗中几个部分. 日本人就是矫情.

バツイチ: 男性・女性の区別無く1度は結婚したものの離婚して現在独身である状態のこと、一度離婚した経験を持つ人のことを指す俗称。

籍を抜いた際に戸籍原本に記入される大きなバツ(×)印が語源であるとされる。

厳密にいえば、一般的な(夫妻とも初婚で、妻が夫の氏を称する婚姻した)場合、離婚したときバツ(×)がつくのは除籍になった妻であり、夫にバツ(×)はつかない。妻は親の戸籍に復籍するか新戸籍を編成することになるがそれにはバツ(×)はついていない。さらに厳密にいえば、親の戸籍から婚姻により除籍になっているので、戸籍上離婚した妻はバツ2である。

ノミとり:ノミ:犬や猫に寄生・吸血してさまざまな病害を引き起こします虫。

第9夜 チューは突然やってくる!

川釣り:かわづり

第10夜 私の知らないぶちょお

珪藻土(けいそうど)珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

流しそうめん:夏の風物詩といえば流しそうめん! 長い竹の上から流れてくる冷たいそうめんをめんつゆでさっぱりいただく.

最終夜(第11夜) 結婚とは? 干物女の決断

コンコンチキ:人や物事の後に付け、語意を強調する言葉。こんこんちきとは狐の異称であるが、前にある言葉(主にうすのろ、大馬鹿など負の言葉)の語意(状態・内容)を強調したり、前に付いている人・物事を冷やかす言葉としても江戸時代から使われている。人名の後に付けられる場合、その人に対する冷やかし程度から罵る意を込めたものまで様々だが、その内容・度合いは話しの内容によって異なる。
スポンサードリンク

ぐうたら:【意味】 ぐうたらとは、ぐずぐずしていて働く気力のないさま(人)。

しわくちゃ【×皺苦茶】:[名・形動]ひどくしわが寄っていること。一面しわだらけになっていること。また、そのさま。しわくた。「皺苦茶なハンカチ」「顔を皺苦茶にして泣く」
[補説]「苦茶」は当て字。

ヨボヨボ:
[副](スル)老人が衰えてからだのしっかりとしないさま。また、力のない足どりで歩くさまを表す語。「よぼよぼした歩き方」
[名・形動]老人が衰えて動作がしっかりしないこと。また、そのさま。「よぼよぼな老女」


Last update: 2017-05-30 02:07:15 UTC