ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 2 あらすじ

ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 2 あらすじ

あらすじ

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1244051082

shinora8さん 編集あり2010/7/2210:00:42

パート1の最後で、二人は「好きだ」と告白したので、両思いにはなっていたと思います。

☆以下は、パート2第1話のあらすじです。

3年間、海外出張していたホタルが帰国し、会社に戻ってくるところから始まりました。
普通に、また、部長の家に戻ると、ぶちょおが怒っています。

なんと、ホタルは、3年間、一度も帰国せず、個人的な連絡も絵はがき一枚だったのです。

三年前に、空港で別れがつらくて泣き出し、ぶちょおと「ビバ遠距離恋愛!毎日メールする。…」と約束したにもかかわらず。
「私のような干物女には、遠距離恋愛のハードルは高すぎました。」とホタル。

一方、ぶちょおは、別の女性(例の昔の彼女です)と付き合っている様子。気になるホタル。

会社には、後輩が増え、以前のようにバリバリ仕事をこなすホタル。その中の瀬乃にエレベーターでからかわれ、「嵐山のどきゅんこに似ている」と言われ、いわれるままに真似をする。「どきゅんこどきゅんこ…」と言いながら手を回したり、脚を上げたり。ぶちょおが乗り込んできて見られるホタル。
貯金が47円しかなく、それもぶちょおにあきれられ、また、彼女の呼び出しで出かけてしまい、ホタルはやけ酒を。
そのとき一緒にいた瀬乃に介抱され、気づくと二人はホテルのベッドに。

翌朝、あわてて出社し、瀬乃は何もなかったと言うものの、ぶちょおに尋ねられて困るホタル。瀬乃から届けられた使用済みの忘れたストッキングをぶちょおに見られてばれてしまい、とっさにかぶって帽子だと言い張るホタル。

「瀬乃と朝まで一緒だったのか。」念押しされて、落ち込むホタル。

しかし、仕事でがんばったことを後輩に認められ、ちょっと元気に。

急いで帰宅し、後輩から「すてきOL」と言われたことを喜んでぶちょおに報告するホタル。そして、3年間懸命に仕事をしていたこと。そのために、ちゃんと連絡しなかったことを謝ります。
でも、自分ががんばれたのは、ぶちょおのおかげだとお礼を言います。

ホタル「部長の存在は、私の3年間をささえてくれました。本当にありがとうございました。これからは、一人でがんばります。」
ぶちょお「47円で?」
ホタル「アパート借りなきゃ。」
ぶちょお「47円で?!」
ホタル「すてきOLは、これから一人で公私ともにすてき女子になるんです!」
ぶちょお「無理。絶対無理!死んでも無理!!生き返っても無理!!!」
ホタル「うるさいなぁ。せっかくの決意表明、邪魔しないでください!」
ぶちょお「なにがすてきOLだ。すてきOLがストッキングを被って、帽子だと言い張るだろうか!そもそもすてきOLが…」と、ぶちょおは、ここまでの怒りをぶちまけます。どきゅんこどきゅんこのことなど…。
ホタル「ぶちょお、ひょっとして、やいてるの?」
ぶちょお「しかも、どきゅんこにそっくりだなんて、いわれやがって。」
ホタル「やいてくれてるんですね!!」
ここで、ぶちょおが、どきゅんこが、嵐山水族館のアザラシであることを話します。
驚くホタルに「3年間、一度も帰らないから、日本のアザラシ情報から取り残されるという残念なめに遭うんだ!」と、ぶちょお。
ホタル「じゃあ、瀬乃さんは、アザラシとそっくりな女と朝まで一緒に…。」
ぶちょお「彼からしたら水難事故だ。まぁ君の方は、泥酔して目覚めたら隣に男がいて、一瞬よろこんだに違いないが。」
ホタル「どうしてそれを?!」
ぶちょお「言ったろ。私はあのころとは違う。君のいない3年間、私はより深く君のことを考えた。深く考えたから、このままなしくずしに君と暮らす気はない。」
「君が帰ってきたら言うつもりだった。
結婚しよう。
これからの二人は夫婦だ。
君は…一生、おれの女だ。」

ホタル驚いて倒れる…

そのあとは、ぶちょおが「今夜はすきやきだ。」と言い、喜ぶホタルに「君の分はない」とぶちょお。
すると、ホタル「そんなこと言わないで下さい。デザートに私をちょっとだけ食べてもいいですから…。」といって照れる。
ぶちょおはあきれ顔で、「そんな色気のない子には食べさせません!」

食事中も嬉しいホタルは「いつ結婚するんですか?何月何日?」とせっつきます。
すると、ぶちょおは、「さっきは私の心情を述べただけだ。すぐに結婚するわけではない。君は、結婚とは何かわかってるのか?」と。

ホタルは、習字で「結婚とは」と書いて貼ります。そして、カーニバルの衣装に着替え、ぶちょおに踊ろうと誘います。

ぶちょおが断ると、ホタル「踊らないとチューしちゃいますよ。」ぶちょお「じゃあ、踊らない。」とキスしたそうな雰囲気。ホタルが目を閉じてキスを待つと、直前で「やっぱ踊ろう!」と部長は着替えに行ってしまいます。
「ぶちょお~」
<つづく>でした。

☆わたしも1からの大ファンです。期待通りのおもしろさでワクワクして観ています。
動画をご覧になりたいならこちらでどうぞ。
http://youtubetvdoramadouga.blog111.fc2.com/blog-entry-3073.html


Last update: 2017-05-29 12:52:41 UTC