ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 1 単語と感想

ホタルノヒカリ/テレビドラマ/Season 1 単語と感想

ホタルノヒカリ

全般

縁側(えんがわ): 日本の和風家屋の独特の構造で、家の建物の縁(へり)部分に張り出して設けられた板敷き状の通路である。 庭等外部から直接屋内に上がる用途ももつ。 欧風建築では、ベランダ、ポーチといったものが意匠的には似通っている。

第3夜 干物女に恋は無理!? 失恋ドジョウ掬い

どじょうすくい: 島根県安来市の民謡である安来節(やすぎぶし)のつきものとして伝統的な踊り

ゴールデンカップル: golden couple

「ゴールデン・コンビ」というのは、ドラマや映画での共演が多く、その2人でしか成立しないぐらいピッタリのコンビ(カップル)という意味で使ってました(当時は)。「山口百恵・三浦友和」

第5夜 干物女遂に告白! 恋の神様が降りてきた

夫婦生活は長い会話である (尼采)

第8夜 干物女ついにカミングアウト…その時彼は

( 誠一が蛍の分の朝食までを用意してる)
雨宮 蛍: (ご飯を眺めながら)ご飯腐ってます
誠一: 雑穀米(ざっこくまい)だ、体にいい

笑死.

第9夜 明日はどっちだ!? 干物まさかの三角関係

たてかえ‐きん【立替金】: 他人のために立て替えた金銭。

最終夜(第10夜) 家で寝てても恋愛できる!? 最強干物女の恋の結末…

キャッチコピー: 和製英語 catch copy, 主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章である。惹句とも呼ばれる。


Last update: 2017-05-30 10:11:31 UTC